タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bukan Pekerja Wisma Atlet,
Ini ‘Patient Zero’ Varian Omicron di Indonesia

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 21 Des 2021 07:15 WIB


インドネシアの保健大臣ブディグ・ダディ・サディキン氏は、「患者ゼロ」またはインドネシア発のオミクロンウイルスの最初の患者を明らかにしました。

インドネシア国内からのオミクロン変異体「患者ゼロ」ウィスマ・アスリート・ワーカーからではない!

ウィスマ・アスリート(隔離施設)の清掃スタッフの起源は、海外から帰国したインドネシア市民からのCovid-19のオミクロンバリアントに感染でした。

「インドネシアでは、オミクロンに感染したオフィスボーイから知らされ、それは、医療従事者が外国ナイジェリアから帰国した、インドネシアの女性市民に感染していたことを確認した」

この保健大臣氏は月曜日(2021年12月20日)にジャカルタで行われたデジタル記者会見で語った。

イニシャルがTFの女性は、2021年11月27日にナイジェリアからインドネシアに帰国しました。 保健大臣はまた、発見されたオミクロン変異体のすべての症例は海外から持ち込まれた症例であり、隔離施設の局所感染はなかったことを強調した。

「したがって、インドネシアのすべての(オミクロン)症例は輸入症例であることが証明されています…

  神に感謝します、すべての事件は検疫で起こります、私たちは検疫でそれらを捕まえることができます、これまでのところ、外部に広がっていません」と彼は説明しました。

以前、保健省は、インドネシアでのCovid-19のオミクロン変異体の最初の症例はウィスマアスリートの医療従事者(清掃スタッフ)であると発表しました。 彼は2021年12月15日にこの新しい亜種に感染していたことが確認されました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
 

Kemchiks-jktlife インドネシア国内からのオミクロン変異体「患者ゼロ」ウィスマ・アスリート・ワーカーからではない! インドネシア国内からのオミクロン変異体「患者ゼロ」ウィスマ・アスリート・ワーカーからではない! インドネシア国内からのオミクロン変異体「患者ゼロ」ウィスマ・アスリート・ワーカーからではない! SakuraParkHotel

1 thought on “インドネシア国内からのオミクロン変異体「患者ゼロ」ウィスマ・アスリート・ワーカーからではない!

  1. 保健大臣が医療経験者で無いとこんな間違ったコメントを出してしまいますね。
    明らかに軽率です。
    インドネシア国際空港の検疫体制を見る限り、ザルとは言えませんが緩い水際対策だと言えます。
    ゲノム解析や試薬の進んだ国と同レベルであれば、オミクロン感染者はこの数より遥かに多いと推測します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。