タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes Sebut Tes Genomic Covid
di RI Minim karena Faktor SDM

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 21 Dec 2021 16:19 WIB


全ゲノムシーケンス検査法を使用してCovid-19検体のサンプルを検査するには、特別なスキルを持つ担当者が必要です。

コロナゲノム検査は、人的資源要因のために最小限(保健省)

全ゲノムシーケンス検査は、Covid-19の特定の亜種を検出するためのサンプルの検査です。インドネシアで検出されたばかりのオミクロン変異体を含みます。

「人のゲノム地図を読むには特別なスキルが必要なので、主な障害は私たちの人材です。

そして、この全ゲノムシーケンス検査は日常的な診断ではなく、監視であることを意味します。」

火曜日(12月21日)にCNNIndonesia.comから連絡を受けたとき、保健省の直接感染症予防管理局長、シティ・ナディア・タルミジ氏は述べた。

ナディア氏は、現在インドネシアはインドネシアでこの検査のために約20の研究所しか運営していないと述べた。

後に、この検査のために14の研究所を追加する」と彼は言った。

ナディア氏によると、政府は現在、より多くのCovid-19の亜種が早期に検出されるように、全ゲノムシーケンス検査研究所と人材を追加しようとしているという。

12月19日現在、保健省の国立保健研究開発研究所データに基づくと、インドネシアでは全ゲノムシーケンス検査法を使用して検査された10,358の検体がありました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife コロナゲノム検査は、人的資源要因のために最小限(保健省) コロナゲノム検査は、人的資源要因のために最小限(保健省) コロナゲノム検査は、人的資源要因のために最小限(保健省) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。