タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Libur Nataru,
Penumpang Internasional
di Bandara Soekarno-Hatta Meningkat

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
木曜日, 23 Desember 2021 08:06


スカルノハッタ空港Covid-19タスクフォースは、クリスマスと年末年始の前に海外からの乗客が急増することを指摘しました。

クリスマス休暇!スカルノハッタ空港の国際線旅客数の増加

スカルノハッタ空港のCovid-19タスクフォースの司令官であるアグス・リスティヨノ大佐は、海外からの乗客の増加が今年12月に始まったと述べた。 「1日平均4,000人以上の乗客がいる」と彼は2021年12月23日木曜日に語った。

アグス氏によると、海外からの乗客の約70パーセントは移民労働者でした。

アグス氏によると、乗客の増加は先週またはクリスマス休暇の前に発生し始め、「週末の最高数」で平均して3〜4千人の乗客になる。と彼は言った。

昨年11月と比較すると、アグス氏によると、昨年は、国際線の乗客の1日平均は1日あたり約2200〜2800人にすぎません。

アグス氏によると、乗客数はクリスマスと年末年始のピーク時に増加すると予想されています。

乗客の急増を見越して、アグス氏は、海外からの乗客の到着のために、インドネシア空軍のスカルノハッタ空港コビッド-19タスクフォースが70人の要員を配置し、60人がターミナル3で、10人がターミナル2Fで出向しました。

別のステップでは、スカルノハッタ空港の検疫プロセススキームをマニュアルからオンラインに変更し、乗客データ収集にバーコードを使用することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。