タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Cerita WNI Dibujuk Calo Hotel Karantina
Rp19 juta di Bandara Soetta

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 23 Dec 2021 16:45 WIB


スカルノハッタ空港では、海外からの到着時に検疫所を探して何十人もの人々が立ち往生。

Rp,19 Juta:スカルノハッタ空港でホテル検疫ブローカー

空港で2日間待った後、ブローカーは数千万ルピア価格で検疫ホテルを提供。

事件は短いビデオで捉えられ、Twitterで話題になりました。

ビデオのインドネシア市民は、インドネシア移民労働者(PMI)と観光客であると言われています。 CNNIndonesia.comは、関係者からビデオの内容を引用する許可を得ています。

このビデオによると、海外を旅行するインドネシア国民は、ウィスマ・アトレットホテルで検疫場所を取得するために何時間も待たなければなりません。

一部のインドネシア国民は、空港に2日間滞在し、検疫されていないとさえ報告されています。

ただし、ウィスマ・アスレットホテルで隔離される場合は、長い列に並んで待つ必要があります。

その結果、空港には検疫所の利用可能性を待っていたPMIが並び、眠っているように見える人もいました。

「この政府は本当に人々に対して拷問をしている。1人で1900万ルピアをホテルで過ごしたい、22人でいくらですか?それは、人々が立って寝ているようなものです。

これがインドネシア国民に対する政府の行動だ」と述べた。

「多くのブローカーが私たちに1人あたり1900万ルピアのホテルを選ぶように説得した。

それはクレイジーです。これは本当に並外れたマフィアです」と彼は続けました。

さらに、ビデオも食べ物の値段が高いと不満を漏らしました。

彼は一食当たり40,000ルピアでインスタントラーメンを購入し、それらを調理するのに長い間待たなければならなかったことを認めた。

「私たちは、普通なら4,000ルピアでも、40,000ルピアのインドミーを購入するためにここにいます。

こんな感じで、お湯が1時間以上並んで待っていて、

麺を1つ買うと4万ルピア。麺を3つ買うと3万ルピア。

さらに、ホットディスペンサーを待つのに非常に長い時間がかかる」と述べた。

<ホテル検疫の交渉>

12月2日の話

スカルノハッタ空港を経由してトルコからやってきた2人のインドネシア人は、検疫ホテルを見つけるのに苦労したことを認めました。

2人は空港で6時間待ち、最終的に検疫ホテルの確認が取れました。

当初、係員は2人用の1部屋に1200万ルピアの価格で検疫ホテルを提供した。 リダヤンティという名前のインドネシア市民は、7日間の検疫には高すぎると考えられたため、ホテルの価格をネゴしました。

「当初、係員は2人部屋に1200万ルピアを提供し、その後、2人部屋で980万ルピアになるまで交渉した」とリダヤンティ氏は述べた。

スカルノハッタ空港のCovid-19航空タスクフォースの司令官、アグス・リスティヨノ中佐は、空港には検疫ホテルのブローカーはいないと述べた。

アグス氏は、スカルノハッタ空港に到着したすべてのインドネシア国民がすでに検疫ホテルまたは明確な検疫場所を持っていることを確認しました。 すべてのメカニズムがシステムによって実行されるためです。

また、ホテルで隔離されているインドネシア国民も、現金取引がないようにシステムを通じて支払いを行うことができます。(この意味は、クレジットなど’カード支払いを指すと思われる)

「すでに利用可能なホテルがあるので、選択するだけで、そこに直接支払い、アプリケーションを介して支払うことができます。インドネシアホテル・レストラン協会が値段を設定しているため、係員は価格を表示できない可能性があります」と彼は言いました。

しかし、アグス氏は、12月初旬にスカルノハッタ空港の第3ターミナルに人が集まっていたことを否定しませんでした。 彼はまた、ツイッターで流布しているビデオは12月18日から19日の事件であると説明した。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife Rp,19 Juta:スカルノハッタ空港でホテル検疫ブローカー Rp,19 Juta:スカルノハッタ空港でホテル検疫ブローカー Rp,19 Juta:スカルノハッタ空港でホテル検疫ブローカー SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。