タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Hadapi Omicron, Rumah Sakit Diminta
Siapkan Langkah Kontingensi

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Jumat, 24 Desember 2021 | 07:55 WIB


インドネシア全土の病院は、インドネシアに広がるCovid-19の新しい変種であるオミクロンを予測するための緊急対策を準備するように求められました。

オミクロンに直面して、病院は緊急時の手順を準備するように!

これは、医療サービスを必要とするCovid-19患者がいる場合、病院が彼らを予測できているようにするためです。

これは、木曜日(2021年12月23日)の「インドネシアでのCovid-19の取り扱い」に関する記者会見で、Covid-19タスクフォースのスポークスパーソンウィク・アディサスミト氏によって言われました。

「政府は、インドネシア全土の病院が緊急時対策を準備するように奨励しています。

2021年12月19日現在のデータに基づくと、ウィク氏は次のように述べています。

全国のCovid-19紹介病院の病床使用率は2.73%で、隔離用病床とICUで構成され、州ごとの占有率は30%以下です。

「病院のサービスはまだ管理されており、症例の急増による治療の増加はないと結論付けることができます」とウィク氏は述べています。

さらに、ウィク氏は、インドネシアで発見されたオミクロンの症例に関して、これまでに8つの陽性症例が検出されたと述べた。

この発見は到着ゲートでのスクリーニングの結果であり、すぐに専門の医療従事者によって隔離され治療されました。

ウィク氏によると、検疫期間後に陰性結果の場合、生存者はウイルスを他の人に感染させることができない。

しかし、ウィク氏は、特に初期のデータがオミクロンの症例が軽度または無症候性でさえある傾向があることを示したことを考慮して、警戒を強めなければならないことを強調しました。

「このため、テスト、追跡、および検疫は、それぞれの場合を適切にスクリーニングして、すぐに処理し、人たちが広範な感染を引き起こさないようにするための鍵です」と彼は言いました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
 

Kemchiks-jktlife オミクロンに直面して、病院は緊急時の手順を準備するように! オミクロンに直面して、病院は緊急時の手順を準備するように! オミクロンに直面して、病院は緊急時の手順を準備するように! SakuraParkHotel

5 thoughts on “オミクロンに直面して、病院は緊急時の手順を準備するように!

  1. 全体に網をかける必要があると思います。
    無症状感染者が多いと言われているオミクロン株は、感染しても気がつかずウイルスをばらまき散らすことに成ります。

    徹底して抗原検査を行い、その中で陰性以外の人を隔離してPCR検査→陽性判定者はゲノム解析をする

    1. コメントありがとうございます。

      そうすると、
      隔離してPCR検査→陽性判定者はゲノム解析をする
      方法しかないのですか?
      直接。リアルタイムPCR検査では、わからないのですか?

  2. はい、今までのPCR検査では分かりません。
    日本もそうですが、既にインドネシア国内でも広がり始めていると考えた方が良いです。

    又、オミクロン株は新しい株だとしているマスコミの報道は間違いです。
    オミクロンは2020年3月に発見されています。
    デルタ株より早いことに成ります。
    そのしぶとい株がアフリカで感染しやすい変異を起こしたことに成ります。
    2020年3月というと武漢型から対して時間が経っておらず幹に違いことに成ります。
    幹からは枝が派生します。

    一部報道ではオミクロンが変異を繰り返した種でいずれ風邪の様に弱毒化して新型コロナがさも終息に近い様なニュースを流しています。
    幹に違い種であればこれからまだまだ変異を繰り返すと考えた方が良いと思います。

    因みにオミクロン株は現在3種類に派生しています。
    デルタはもっと種類が多く、日本で自然消滅した種類と欧米で重症化したデルタとは種類が異なります。

    我々は新型コロナは少なくとも後1~2年は続くと推測しています。
    唯、その間に良い薬やワクチンが出て来る可能性もあると思います。

    1. コメントありがとうございます。
      とても衝撃的ですね。
      留学生や技能実習生は、いつになったら、入国できるのか?

  3. 幹に違い→幹に近い
    の間違いでした。

    日本でも各地でオミクロン株の感染者が出て来ましたが、これは単にゲノム解析が増えたことによるモノです。
    PCR検査→陽性判定(デルタ株では無い)→ゲノム解析→オミクロン?
    という手順です。
    陽性だがデルタ株では無いことが判明してゲノム解析(数日)で株が判明します。

    日本の数も氷山の一角と考えています。
    インドネシアは解析技術が遅れており、オミクロンがシンガポールやマレーシアで発見された時期には既にオミクロン感染者がいたと考えるべきです。
    今発表は8名でしたか?
    インドネシアでの感染者はその数より遥かに多いと考えた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。