タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sopir Grab yang Diduga Lakukan Pelecehan
ke Penumpang Jadi Tersangka

オンラインメディア「Jawapost]が伝えています!
25 Desember 2021, 18:25:51 WIB


ソーシャルメディアで話題になったのは、金曜日(12月24日)に、オンラインタクシー運転手が乗客をつかむことによる虐待と嫌がらせの申し立てでした。

乗客への嫌がらせの疑いのあるGrabドライバーが容疑者!

ジャカルタ警察の広報責任者である交通課長、エンドラ・ズルパン氏は、現在、加害者は西ジャカルタのタンボラ警察の犯罪捜査ユニットによって逮捕されたと述べた。 「はい(すでに逮捕されています)」と、土曜日(12月25日)に記者が確認したとき、ズルパン氏は言った。

現在、イニシャルがGJの容疑者は、西ジャカルタのタンボラ警察で検査を受けています。 「彼は容疑者として決定されました」と彼は言いました。

ズルパン容疑者は西ジャカルタのパルメラ地区のモールで逮捕されたと述べた。

警察は現在、虐待や嫌がらせの動機に関する詳細情報を入手するために、加害者を調査しています。

「15.00頃にパルメラ地域のスリピジャヤ・モールで逮捕された」と彼は言った。

以前は、オンラインタクシーの乗客がグラブカーの運転手によって行われたとされるセクハラや虐待の犠牲者であるという、ソーシャルメディアのアップロードで話題になりました。

事件は金曜日(12/24)の午前02.00頃に発生したと言われています。

「私が頬を叩いたら、お腹を蹴られました」と、イニシャルがNTであった犠牲者は言いました。

NTは、彼と彼の兄弟(姉妹)が北ジャカルタのバーで開催された誕生日パーティーから戻ったばかりの時に事件が起こったと説明した。

その後、2人はオンラインタクシーアプリケーションを使用して、西ジャカルタのタンボラ地域に帰宅しました。

途中、NTは車の窓から吐き気と嘔吐を感じました。

「しかし、確かに(嘔吐物を)車の内部にはまったく履かず、フロントボディだけにかかった。」とNTは述べた。

事件後、犯人はNTと彼の兄弟にその行動で抗議した。 NTは、加害者の苦情に応えて、加害者がその車を掃除できるように補償を提供すると述べた。

目的地に到着したNTは、補償としてRp.100,000を与えました。

しかし、加害者はそれを受け入れず、30万ルピアを要求した。さらに、NTは、犯人が彼と彼の兄弟を性的暴行をしたと非難した。

NTは嫌がらせを受け入れず、犯人の手を払いのけて反撃した。しかし、この行動は、加害者からNTと彼の兄弟へのキックとパンチで返済されました。

その結果、被害者は顔や手に怪我を負いました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。