タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Terungkap! Ini yang Bikin Omicron Tak
Lebih Ganas dari Delta

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Minggu, 26 Des 2021 07:00 WIB


以前に他のCOVID-19変異体よりも感染性が高いことが観察されましたが、オミクロンはもはや毒性がないと考えられており、それが引き起こす症状は比較的軽度です。

明らかに! これがオミクロンがデルタほど凶暴にしない理由!

科学者たちは原因を解明しようとしています。

英国ケンブリッジ大学の研究では、オミクロン変異体の変異により、新型コロナウイルスの肺細胞へ 広がっていく効率が低下したと結論付けられました。

しかし、この研究は、オミクロンが完全にワクチン接種された人々の抗体を今までの変異体より逃れることができることも確認しました。

「オミクロンの突然変異は、ウイルスに両刃の剣を提示します。免疫系を回避するのに優れていますが、重度の病気を引き起こす能力の一部を失う可能性があります。」

LiveScience(科学ニュースメディア)から引用するとヒンドラ・グプタ教授が書いた。

この研究室での実験から得られた、結果はまだ確認されていません。

オミクロン変異体の突然変異が、実際に病気の重症度を軽減するかどうかは、人間で直接観察される必要があります。

英国ケンブリッジ大学の研究では、オミクロン変異体の変異により、新型コロナウイルスの肺細胞へ 広がっていく効率が低下したと結論付けられました。

しかし、この研究は、オミクロンが完全にワクチン接種された人々の抗体を今までの変異体より逃れることができることも確認しました。

「オミクロンの突然変異は、ウイルスに両刃の剣を提示します。免疫系を回避するのに優れていますが、重度の病気を引き起こす能力の一部を失う可能性があります。」

LiveScience(科学ニュースメディア)から引用するとヒンドラ・グプタ教授が書いた。

この研究室での実験から得られた、結果はまだ確認されていません。

オミクロン変異体の突然変異が、実際に病気の重症度を軽減するかどうかは、人間で直接観察される必要があります。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

3 thoughts on “明らかに! これがオミクロンがデルタほど凶暴にしない理由!

  1. まだオミクロンの毒性を判断するのは早いと思います。
    他でも書きましたがオミクロンはデルタから変異した株では無く幹が違います。
    まだデルタの様に何10種類もある訳では無く3種類に過ぎません。

    変異とは免疫不全の感染者の体の中で起こるモノです。
    南アフリカは感染者が減少し始めましたが欧米ではどうでしょうか?
    今現在では過去に無い増えかたを続けています。
    南アフリカのオミクロンと欧米のオミクロンでは既に種類が違うかもしれません?

    日本のデルタ株は「AY29」という自壊(自滅)する種類でしたが重症化の多い欧米では違う種類のデルタ株でした。

    例えオミクロンがデルタ株より毒性が低くても感染者がデルタより多く成れば同じ事に成ります。
    又、上でも書きましたが変異は免疫不全の人の体の中で起こります。
    感染者が拡大すれば、どの様な変異のオミクロンが出現するかは分かりません。

    1. コメントありがとうございます。
      専門家からのお話は、やはり複雑ですね。

      デルタもオミクロンもそれぞれ1つではなく、さらに細かく細分化を
      考えないといけないという事ですね。

      そうなると、ワクチンも追いついていけないという事になりますか?
      早く人が動ける状態を作りたい我々から見たら、どのように考えたらよいのか?

      前が見えません。

      1. 3回目のワクチン接種をすると抗体量は飛躍的に上がります。
        もし感染しても無症状や軽度の症状で終わると推測します。
        但し、この無症状の人も感染させる力はありますので、その場合隔離する必要があります。

        イギリスでは国が各家庭に抗原検査キットを複数送り、定期的に検査を義務付けています。
        そこで陽性判定が出たらPCR検査をします、陽性なら自宅待機で感染を広げ無い様にする。
        毎日2万人程度の感染者は出ている様ですが、市民生活はコロナ禍前に戻しています。
        重症化は以前の様に多くないので病院もひっ迫しない。
        又、重症化している人の大多数はワクチン未接種者だそうです。

        日本もそうですが、インドネシアも経済を止めずに賢くコロナと共存して行くしかないと思います。

        但し、インドネシアはワクチンと検査キットに問題があるのではと思います。
        今回のコロナではファイザーとモデルナの2種類は効果も高く変異にも柔軟に対応していますが、その他のワクチンにその効果は期待出来ないと思います。
        それと迅速抗原検査キットですが、もし唾液による検査キットを使用していたら、それは使い物には成りません。
        CEやFDAも宛に成りません。
        検査キットの製作メーカーが医療の世界規格である「ISO13485」を取得している事が絶対条件に成ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。