Soal Vaksin Booster,
Pemerintah Masih Tunggu
Rekomendasi ITAGI

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
27/12/2021, 16:44 WIB


政府は、Covid-19ブースターワクチンに関するインドネシアの免疫化技術諮問グループ(ITAGI)の勧告をまだ待っています。


これは、経済調整大臣、およびCOVID-19および国家経済回復処理委員会の議長であるアイルランガ・ハルタルト氏によって伝えられました。
「ブースターワクチンプログラムも、2022年1月10日のITAGIの報告と勧告をまだ待っている」とアイルランガ経済調整大臣は月曜日(2021年12月27日)のプレスリリースで述べた。
政府は、今回のフォローアップワクチン接種プログラム(ブースターワクチン)の実施の主な目標は、医療従事者、医療施設で働くスタッフのサポート、高齢者、および貢献支援を受けるコミュニティであると述べました。
アイルランガ氏によると、ブースターワクチンはビオファーマによって配布され、同じ種類または違った種類で実施できます。
一方、独自の追加免疫ワクチン接種プログラムは、上記のフォローアップワクチン接種プログラムの対象グループ外の人々のグループを対象としています。
この追加免疫ワクチンの配布は、ビオファーマまたはワクチンの提供とワクチン接種の実施の基準を満たす製薬会社によって行われます。
ワクチン接種が始まってから、過去1週間の平均ワクチン接種率は上昇しました。
1日あたり平均1,219,453回の投与。 これらの小児期の予防接種は、過去4日間で1日あたりの接種率を30万回以上増加させました。
「6〜11歳の子供には合計2,324,644回の接種が行われました。
一方、ジャワ島外とバリ州のワクチン接種率は上昇し、全国の1日平均率の55.6%を占めました」とアイルランガ氏は述べています。


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す