タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Anies Resmi Naikkan UMP DKI Jakarta 2022
Jadi Rp4,64 Juta

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 27 Dec 2021 12:19 WIB


ジャカルタ知事アニス氏は、2022年最低賃金に関する2021年のDKIジャカルタ知事令第1517号を発行。これにより、DKI 2022州最低賃金は、来年、月額Rp4,641,854に公式に5.1%上昇。

正式に「2022年最低賃金」をRp.464万に引き上げ!(ジャカルタ州知事令第1517号を発行)

「月曜日IDR4,641,854でDKIジャカルタ州の2022年最低賃金を決定する」と、月曜日(12月27日)にCNNIndonesia.comが引用した、2021年12月16日に設定された最初の規則に関する決定が書かれました。

アニス氏は、賃金額の規定は2022年1月1日から発効すると述べた。賃金は労働者または1年未満働いた労働者に使用することができる。

雇用主は、最低賃金よりも低い賃金を支払うことを禁じられている」と述べた。

一方で、すでに高い賃金を支払っている雇用主は、2022年最低賃金から削減することは禁止され、または労働者への賃金を下げることもできません。

一方、在職期間が1年を超える労働者の賃金額は、賃金の構造と規模の規定を使用します。 雇用主は、会社の能力と生産性を考慮して、これらの規定を策定し、実施する必要があります。

違反する会社がある場合は、法律の規定に従って制裁の対象となります。一方、ジャカルタの2022年最低賃金に関する規定は、COVID-19パンデミック時に最低賃金を実施するためのガイドラインに準拠しています。

以前、アニス氏は2022年最低賃金を月額IDR37,749または0.85パーセント増加してIDR4,453,935に設定していました。ただし、新たに発行された規則に従い、月額IDR4,641,854に変更されました。

関係記事州知事の最低賃金に関する決定は正しい!0.8%から5.1%への引き上げアブドゥル・アジズ氏が支持!



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。