タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Menkes Beberkan Kronologi Pasien Omicron
‘Lolos’ dari Wisma Atlet

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 27 Dec 2021 15:52 WIB


保健大臣ブディ・グナディサディキンは、ウィスマ・アトレット・ケマヨランで隔離されたオミクロン変異体に感染した患者の1人の「脱出」のいきさつを明らかにしました。

検閲施設から「逃げた」オミクロン患者の経緯を明らかに!(保健大臣)

ブディ氏によると、患者は英国を旅行していたインドネシア市民であり、リアルタイムPCR検査の結果に基づいてCovid-19の検査で陽性でした。 しかし、患者は数カ所での比較テストを提出し、結果はCovid-19に対して陰性でした。

彼はこの比較テストを求めました、結果はネガティブで。 その故に彼は2回目のテストの結果に基づいて退去を要求しました。 それから[許可]がジャカルタの保健局から与えられましたが、しかしそれは家で隔離されなければならない」と中央ジャカルタの内務省のブディ氏は月曜日(12月27日)に言った。

ブディは続けて、患者の家は自己隔離に十分であると考えられたので、ホテルでの検閲の免除要求は認められ、自宅での隔離でした。 しかし、全ゲノムシーケンス(WGS)法を使用したさらなる検査では、患者がオミクロン変異体に感染していることが示されました。

「5日後、テストはオミクロンだったので、もう一度追いかけました。家族全員をテストしましたが、神のみぞ知っていた!陰性でした」とブディは続けました。

調査結果は、保健省の教訓になるでしょう。 将来、患者がCovid-19に陰性であることを確認するために、最大3Covid-19検査を実施する予定ですさらに、外国人旅行者は、集中隔離エリアで10 x24時間の検疫を受ける必要があります。

一方、インドネシアのオミクロン変異体の症例数は、2022年の正月を前に増加し続けています。12月26日の時点で保健省は、12月15日にインドネシアで最初に認められるとされる変異体を確認してから現在46件あります。

しかし、保健省は、数十の症例が国外からの症例、別名海外旅行者からの感染症例であることを確認したため、オミクロン変異体は地域での局所感染として特定されていないと主張しました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。