タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemnaker: Penetapan UMP Jakarta yang
Tak Sesuai Ketentuan Timbulkan Polemik

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
29/12/2021, 07:52 WIB


ジャカルタ知事アニス氏は、2021年のジャカルタ知事令第1517号を発行しました。これは、2022年のジャカルタ州最低賃金を以前の0.8%から5.1%引き上げることを規定しています。

<労働省>規定に従わないジャカルタ最低賃金の決定は論争を引き起こす!

これに対応して、労働省はまた、最低賃金の決定は賃金に関して2021年のPP No.36を参照しなければならないことを断固として主張している。

「2021年のPP36で規制されている賃金は、政府、雇用主、労働者/労働者の要素の合意に基づいているためです。」

月曜日(2021年12月28日)、労働省のハラハプ議長の広報局長は述べた。

彼はまた、2022年のジャカルタ最低賃金の決定により、労働省が紛争当事者を支援すると述べた。

「適用されるべき規制に基づかない賃金の決定は、ジャカルタ州で起こったように、地域社会で論争を引き起こすと言えます。

労働省は、ジャカルタ州の最低賃金の引き上げなど、意見の相違がある場合に備えて話し合いをする準備ができています。

それは、私たちが提唱している決定の条件だからです」とチャイルル氏は述べています。

ジャカルタ最低賃金の引き上げに関連する知事令の条項の1つには、決定に従って最低賃金を引き上げない雇用主に対する制裁措置が含まれていることに注意してください。

知事の決定により、2022年のジャカルタ最低賃金は4,641,854ルピアに設定され、2022年1月1日から有効です。

参考記事1:正式に「2022年最低賃金」をRp.464万に引き上げ!(ジャカルタ州知事令第1517号を発行)

参考記事2:2022年の最低賃金改訂に参加しない雇用主に対し、制裁で脅かす!(ジャカルタ州知事)

しかし、ジャカルタの最低賃金改訂方針は、ジャカルタ州政府が労働省から最低賃金改訂に関する回答書を受け取る前に発行された。

アニス氏は2021年11月22日に労働省に手紙を送り、ジャカルタの最低賃金計算式の見直しを要求しました。

しかし、彼は2021年12月16日に最低賃金の増加の修正に関する知事の決定を出しました。

労働省からの返信書簡を受け取る前に。 一方、労働省自身からの返答書簡は12月18日に出された。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。