タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Takbir ! Ada Kabar Baik Omicron
Baru Lagi dari Afsel

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
29 December 2021 07:10


オミクロンについての良いニュースがやってきました。 火曜日(2021年12月28日)に南アフリカで行われた最新の調査によると、オミクロンに感染した人はデルタ変異体に対する免疫を発達させる可能性があります。

オミクロンの新情報! 南アフリカから良いニュース(アッラー・アクバル!)

研究によると、変異型感染は、特にワクチン接種を受けた人にとって、より多い部位の変異型攻撃に対する免疫力を高めることが示唆されています。 しかし、研究は少数の人々のみを対象としており、査読は行われていません。

ロイターとCNBCインターナショナルを引用して、この研究には、南アフリカでオミクロンに感染したワクチン接種済み、およびワクチン未接種の33人が参加しました。

この研究では、オミクロンの中和抗体が14日間で14倍に増加すると同時に、デルタ変異体の中和抗体が4.4倍に増加することもわかりました。

「オミクロンに感染した個人のデルタ変異体の中和抗体が増加すると、これらの個人に再感染するデルタの能力が低下する可能性があります。」

研究を行った科学者たちは言った。

「これらの結果は、オミクロンがデルタ中和免疫を獲得し、デルタ再感染の可能性を低くすることができるため、デルタ変異体を置き換えることと一致しています。」

「オミクロンがデルタに取って代わり、以前の亜種よりも軽度であることが判明した場合、重度のCOVID-19感染の発生率が低下し、この感染症が個人や社会への「破壊的でない」状態に移行する可能性があります。」

しかし、科学者たちは、上記の保護の強化が、オミクロンによって誘発された事による免疫なのか?具体的には、ワクチン接種、または以前の感染からの免疫によるものかどうかは不明であると警告しました。

ただし、実際にワクチン接種を受けた個人は、より強力な保護を示します。

オミクロンは、11月に南アフリカとボツワナによって最初に特定されました。

その広がりは非常に速いため、WHOはそれを「懸念の変種」として含め、現在100か国以上に広がっています。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife オミクロンの新情報! 南アフリカから良いニュース(アッラー・アクバル!) オミクロンの新情報! 南アフリカから良いニュース(アッラー・アクバル!) オミクロンの新情報! 南アフリカから良いニュース(アッラー・アクバル!) SakuraParkHotel

3 thoughts on “オミクロンの新情報! 南アフリカから良いニュース(アッラー・アクバル!)

  1. オミクロン自体既に3種類に分かれています。
    南アフリカは感染者が減っていますが欧米は感染爆発をおこしています。
    日本のデルタ株と重症化の多い欧米では種類が違いましたです。

    南アフリカと欧米では種類の違うオミクロンに成っている可能性があります。
    アメリカでは小児の入院患者が以前の4倍に成りました。

    余談は許さないと思います。

    1. コメントいつもありがとうございます!

      変異体と言ってもさらに、違う挙動をすると
      もう、ウィルスの正体は、わかるのでしょうか?

      世界的に見て、同じ名前の変異体が、各地域で、違う動きをするのなら、
      世界的に統一した見解など出るわけもなく、新型コロナの変異体という、言い方はもう止めて
      まったく違う名前をつけた方が、よっぽどわかり安い!
      またいらいらしてきます。

  2. 細かく言うとそうとも言えます。
    1つ言えることはデルタ株はあらゆる国で感染爆発をおこして変異を繰り返して、最近はオミクロン株に置き換わって来ています。
    オミクロン株が世界で感染爆発をおこし始めている現在、各国でオミクロンの変異が始まるという可能性は低くは無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。