タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Satu Kasus Varian Omicron Transmisi Lokal, IDI:
Pemeriksaan WGS Harus Dipercepat

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
30/12/2021, 09:52 WIB


インドネシア医師協会(PB IDI)のCovid-19タスクフォースの責任者、ズバイリ氏は、国内から1つのオミクロン症例が発見された後、政府は全ゲノムシーケンス(WGS)を使用してテストされるCovid-19サンプルの数を増やす必要があると述べました。

局所感染オミクロン変異体の事例:全ゲノム検査のスピードアップする必要あり!(インドネシア医師協会)

「PCRテストを行ってからWGSに進み、もしオミクロンがあれば、何症例あるかを知ることができます。すぐにわかります」と、水曜日(2021年12月29日)にKompas.comから連絡を受けたズバイリ氏は述べています。

ズバイリ氏は、政府は、最初の局所感染症例の密接な接触を1つの確認された症例から少なくとも30人まで追跡することにより、オミクロン変異体の蔓延を遅らせることができると述べた。

「昨日のウィズマアスリート(隔離施設)は、非常に良い例でした。2,000以上のテストが行​​われ、陽性例が1つでした。」

彼はまた、手を洗う、マスクを着用する、混雑しないなどの健康プロトコルを強化するように国民に求めた。

さらに、彼は一般の人々がウイルスから保護されるように、すぐにCovid-19ワクチンを接種するように勧めました。

「現在、ワクチン接種は、完全にまだ2回になっていません。

繰り返しになりますが、人々は糖尿病、高血圧、狼瘡、HIVや癌の持病があり、予防接種は早ければ早いほどよいです。

疑わしい場合は、治療を行う医師に連絡してください。ただし、それをお勧めします」と述べた。

海外旅行者に起因するオミクロンの症例の大部分に関して、ズバイリ氏は、インドネシア国民の海外旅行禁止することは効果的ではないと評価した。

彼は政府に、海外のオミクロン変異体からのCovid-19の症例がインドネシアよりもはるかに多いことを国民に十分な教育を提供するよう要請した。

年末の活動が国内でよりよく行われるように。

「(海外に行く)人々の禁止は効果的ではないだろう。その代わり、インドネシアでの良好なCovid-19状態と、Covid-19のリスクがある海外での状態での旅行についての教育を提供する方がよい」と述べた。

<参考資料>

検閲施設から「逃げた」オミクロン患者の経緯を明らかに!(保健大臣)



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。