Kendala Terowongan Kereta Cepat Jakarta Bandung,
33 Ahli dari Cina Didatangkan

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 29 Desember 2021 19:02 WIB


PT Kereta Cepat IndonesiaChina(KCIC)の社長は、ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトの完了時にまだ直面している多くの障害について説明しました。

それらの中の一つ1つは、「トンネル2」で列車が通過するトンネルの建設における障害です。

「これは、粘土質土壌領域に入るので、地質学的条件に関するものです。」

ドウィヤナ氏は、2021年12月29日水曜日、西ジャワのチカラン地域の高速列車路線にコンクリートレールパッドを最初に設置後言った。

彼によると、このプロジェクトで構築されたすべてのインフラストラクチャは、時速350キロメートルに達する列車の速度をサポートできなければなりません。

したがって、工事の途中途中で、慎重に行う必要があります。 「それは正確で厳密でなければならない」と彼は言った。

一方、本事業では合計13のトンネルがあり、唯一の障害は特別な取り扱いが必要な「トンネル2」である。

 この状況は高速列車の建設では普通のことですが、ドウィヤナ氏は、この問題を解決するための解決策を本当に探していると述べました。

同社は、この問題の解決を支援するために中国から直接33人のトンネル専門家を招き、バンドン工科大学(ITB)の多数の専門家の支援を受けました。

「最後に、粘土質土壌の問題を解決するのを助けるために17人のグラウト(※)専門家がいます」と彼は言いました。

(※)グラウト:建設工事において空洞、空隙、隙間などを埋めるために注入する流動性の液体のこと。グラウチング、薬液注入(ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%88

このトンネルの問題は、KCICが直面している多くの障害の1つにすぎません。

それとは別に、バンドン地域の州電力会社に属する高電圧航空線の移転や、西ジャワのカラワン地域で電力のプリロードのアップグレードなど、他のいくつかの障害があります。

しかし、一般的に、高速列車の建設の進捗は現在79パーセントに達しています。

 多くの障害に直面しているにもかかわらず、ドウィヤナ氏は、設定された運用目標、つまり2022年12月に達成できると楽観視しています。

 「私たちは既存の障害の中で最善を尽くしています」と彼は言いました。

2021年の終わりまでに、ドウィヤナ氏は、この高速列車の作業が運用および保守の準備段階に入ると報告しました。

(略)



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。