タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes: 3 Orang Pasien Omicron
di Indonesia Boleh Isolasi Mandiri

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 31 Des 2021 07:16 WIB

保健省の紹介医療サービスであるアスラル・ハサン氏しは、インドネシアのオミクロンCOVID-19患者の治療のための隔離場所について詳しく説明しました。

3人のオミクロン患者は自己隔離可能!(保健省)

68のケースのうち、50はウィズマ・アトレット隔離施設(Wisma Atlet)で分離されました。

「その間、この病院では12人が治療を受けています。」

彼は木曜日(2021年12月30日)のオンラインウェビナーで言った。

提示された資料から、オミクロンの患者ケアの分布に関するデータが示され、そのうちの3つのケースが検疫または自己隔離を許可されていることが示されています。 詳細は次のとおりです。

  • RSPI Sulianti Saroso:12人(病院)
  • C’ONE Cempaka Putih:3人(ホテル)
  • 自己隔離:3人
  • RSDC Wisma Atlet:50人(病院)

「オミクロンの分布は主にトルコからの29%の海外旅行によるものです。また、Wisma Atletの清掃員や非永住的な外国人旅行者のケースもあります」とアスラル氏は述べています。

一方、オミクロン変異体に最もさらされたのは40〜49歳の年齢範囲で、大多数は男性でした。

それでも、アスラル氏は、海外旅行者の感染者数が増えたり、地域が拡大しないように、オミクロンを防ぐことは、検疫の期間を増やすことであると評価しました。

「現在取れる措置は、検疫期間の延長、すなわちオミクロンの原産国から10日と14日、予防接種の加速、医療プログラムの強化、WGSの強化、3Tの強化、および医療施設の準備です。」彼は結論を下した。

参考記事:

オミクロンの患者にはほとんど症状がなく、軽度の咳だけ!(保健省)

局所感染オミクロン変異体の事例:全ゲノム検査のスピードアップする必要あり!(インドネシア医師協会)


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


Kemchiks-jktlife 3人のオミクロン患者は自己隔離可能!(保健省) 3人のオミクロン患者は自己隔離可能!(保健省) 3人のオミクロン患者は自己隔離可能!(保健省) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。