Gak Cuma Karena Vaksin,
Ternyata Ini ‘Rahasia’ Covid RI Turun

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Sabtu, 1 Januari 2022 13:01 WIB


保健省は、インドネシアでさらに68のオミクロン症例があり、確認された症例の総数は136になったことを確認しました。


保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスパーソンであるシティ・ナディア・タルミズ氏は、68人の新しい症例が海外旅行者からのものであり、そのうち11人が外国人であったことを明らかにしました。
「すべての事件は外海外旅行者であり、サウジアラビア、トルコ、アラブ首長国連邦、および米国からの到着国が最も多い」と、2022年1月1日土曜日のナディア氏は述べた。
ナディア氏によると、WHOのデータから、デルタと比較してオミクロンによる症例の増加を予測し、感染のレベルと重症度のリスクを考慮に入れています。したがって、オミクロンによる症例の追加が急増する可能性があると結論付けられる。
しかし、ナディア氏は、これにはデルタ期間と比較して病院またはICUのベッドの使用率が低いことを伴うと述べました。彼は、これはオミクロン変異体が高い感染率を持っているが、深刻な病気のリスクが低いことを意味すると言いました。
それでも、状況は急速に変化する可能性があるため、人々は依然として警戒する必要があります。 したがって、予防と管理の取り組み、およびその他の重症化にならない、取り組みを継続する必要があります。
彼女はまた、オミクロン感染の感染率が非常に高い国への旅行を控えるように国民に訴えた。
「自己中心的にならないでください。サウジアラビア、トルコ、アラブ首長国連邦、米国など、Covid-19の感染率が非常に高い国への旅行は控える必要があります。 私たちは、COVID-19に感染することから私たちに最も近い人々を保護するために協力しなければなりません。 控えましょう」とナディア氏は言った。
関連記事:専門家が推奨するタイプのマスク!(オミクロン変異体が2倍になった)


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。