タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Studi: Penerima Vaksin Sinovac
Butuh 2 Kali Booster Pfizer untuk Lawan Omicron

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Sabtu, 1 Januari 2022 11:33 WIB


シノバックワクチンとそれに続くファイザー-ビオテックのブースター注射により、オミクロン変異体に対する免疫応答が低下しました。

<研究結果>オミクロンと戦うために2倍のファイザーブースターが必要(シノバック接種者)

この結論は、イェール大学、ドミニカ共和国保健省、およびその他の機関の研究者によって実施された研究に基づいています。ただし、研究は査読されていません。

研究によると、ブースターのファイザー注射と組み合わせたシノバック(不活性ワクチン)の2回接種者は、2回投与のmRNAワクチンと同様の抗体反応をもたらしました。

オミクロンで出来た抗体のレベルは、以前出来ていた変異体と比較した場合は6.3倍低く、デルタと比較した場合は2.7倍低かった。

研究の著者の一人である岩崎明子はツイッター(https://twitter.com/VirusesImmunity)で、CoronaVac(シノバックと同じ)の接種者は、オミクロンに対する必要なレベルの保護を達成するために、さらに2回の追加免疫が必要になる可能性があると述べた。

ドミニカ共和国の101人の参加者からの血漿サンプルを分析した研究によると、2回投与のシノバックワクチンだけでは、オミクロンに対して検出可能な中和は見られませんでした。

先週の香港の研究によると、シノバックのワクチンを3回接種しても、オミクロンに対する十分な抗体反応は得られませんでした。

このレベルの保護を達成するには、ファイザービオタックワクチンで用量を増やす必要があります。

中国で製造されたシノバックの「CoronaVac」ワクチンとシノファームの「BBIBP-CorV」ワクチンは、中国で最も広く使用されている2つのワクチンです。

両方のワクチンは、インドネシアを含む多くの国に輸出されています。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。