タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kenapa Varian Omicron Berisiko
Tinggi Picu Reinfeksi?
Ini Penjelasan Dokter

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 03 Jan 2022 07:30 WIB


デルタ変異体による感染よりも軽度の症状を引き起こすと考えられている、オミクロン変異体はより急速に広がることが知られており、以前にコロナウイルスに感染したことがある人に感染するリスクがあります。

オミクロン変異体で再感染のリスクが高いのはなぜ?(医者の説明)

実際、何が理由は何ですか?

インドネシア大学医学部および、病院の呼吸器内科の責任者であるプラス博士によると、これは実際にはワクチンからの抗体が、時間とともに減少するためです。

さらに、オミクロン変異体は、免疫システムが弱まっている人々に感染する強い突然変異体です。

「説明は簡単です。誰かがワクチン接種を受ければ、ウイルスに対する抗体ができます。

特定の条件下では、その後、抗体が減少し、弱くなるため、別のウイルス感染が発生する場合、再び感染しやすくなります」と彼は木曜日(2021年12月30日)のBNPBインドネシアYouTubeで説明しました。

オミクロンは、免疫力や抗体の低下により、このウイルスが再感染します。」と彼は続けた。

再感染のリスクが高いため、プラス博士は、COVID-19ワクチンの「追加免疫の提供」が重要な提供であることを強調しました。

覚えておいてください!

COVID-19ワクチンの2回接種の有効性は、オミクロン変異体の感染に直面すると低下すると考えられています。

「だからこそ、オミクロンの事件に対処する上でブースターが重要なのです。

オミクロンの症例に対処するには、2回のワクチン接種では不十分のようです。 ブースターを与えることは、このウイルス感染を克服する上で非常に重要です」とプラス博士は結論付けました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

2 thoughts on “オミクロン変異体で再感染のリスクが高いのはなぜ?(医者の説明)

  1. 読者には正しい認識を持って頂きたいと思います。

    まずオミクロンは2020年3月に発見された古い新型コロナの株です。
    アルファ株等はデルタ株の出現で置き換わりほぼ消滅しています。
    しかし、オミクロン株はしぶとく生き残り、アフリカで感染しやすい種類が出現しました。
    これが今世界に拡散しています。

    沖縄の米軍基地でオミクロンのあるクラスターが発生していますが、どうも2種類ある様です。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1f407c41f36b1829d31c170ecd9e9c5e90e4bd0

    デルタ株は昨年世界で感染爆発を起こし各国に変異株が出現し何10種類ものデルタ株に成りました。
    オミクロンも世界に拡散するとどの様な変異をするのかは誰にも分かりません。

    因みに日本のデルタ株は自壊する種類でしたが、欧米は毒性の強いデルタ株でした。

    オミクロンも無症状と侮ってはいけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。