タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Presiden Jokowi Putuskan Vaksinasi Booster
Dimulai 12 Januari 2022

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
03/01/2022, 13:18 WIB


ブディ・グナディ・サディキン保健相は、ジョコ・ウィドド大統領が2022年1月12日から3回目のワクチン接種または追加免疫ワクチン接種を決定したと述べた。

ブースターワクチン(中国製を含む)接種開始を決定!(ジョコウィ大統領:2022年1月12日)

「私はブースターワクチン接種プログラムを更新します。大統領は1月12日に実行することを決定しました」とブディ氏は月曜日(2022年1月3日)に大統領事務局のYouTubeチャンネルを介した記者会見で語った。

ブディ氏は、世界保健機関(WHO)の勧告に従って、ブースターワクチンは18歳以上の年齢層に投与されると述べた。

次に、この3回目のワクチン接種を実施できる地区/都市の基準は、最初のワクチン接種で70%、2回目のワクチン接種で60%のCovid-19ワクチン接種率を持つことです。

「したがって、これまでにこれらの基準を満たした244の県と都市があり、この追加免疫ワクチン接種は2回目の投与後6か月以上 で実施されます。」と彼は言った。

ブディ氏によると、これまでのところ、1月の3回目のワクチン接種には2100万の目標があります。

また、ブースターワクチンとしてのCovid-19ワクチンの種類は、食品医薬品監督庁(BPOM)からの勧告を受けて決定されます。

食品医薬品監督庁(BPOM)は、5種類のCovid-19ワクチンがブースターワクチンとして登録プロセスにあると述べました。

5つのワクチンブランドは、ファイザー、アストラゼネカ、コロナバック/ PTバイオファーマワクチン(中国製シノバックと同じ)、ジフィバックス(中国製)、およびシノファーム(中国製)です。

「近い将来、データが完成し、緊急使用許可(EUA)を発行できるようになることを願っています。」

水曜日(2021年12月29日)、中央ジャカルタのジャラン・メダン・メルデカ・バラットにある人間開発文化調整省の建物でのブリーフィングで、食品医薬品監督庁のペニー・クスマスティ・ルキト大臣が言った。

ペニー氏は、多くのCovid-19ワクチンについて、データは臨床試験を実施することにより、追加免疫ワクチンとして、いまでも完成していると、言っていました。

臨床試験は、第1および第2のワクチンまたは異種ワクチン、および同じワクチンまたは同種ワクチンで使用されるさまざまなワクチンタイプに対して実施されると述べています。

「すなわちシノバック、ファイザー、およびアウトラゼネカ・ワクチンについて、保健省の研究開発センターによって実施されています。」

火曜日にKompas.comから連絡を受けたとき、ペニー氏は言った。 「また、シノファームを使用した追加免疫ワクチンの臨床試験の過程にあります。」

彼女は言った。 多くの種類のCovid-19ワクチンが現在BPOMで登録プロセスにあり、同様の(同種の)追加免疫ワクチンになります。

1 thought on “ブースターワクチン(中国製を含む)接種開始を決定!(ジョコウィ大統領:2022年1月12日)

  1. 残念ながら上記のワクチンではブースター効果のあるワクチンはファイザーくらいかと思います(アストラゼネカも若干の効果あり)。

    そのファイザーより2回目接種後で中和抗体量が多いモデルナを使用しないのか謎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。