タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Masa Karantina WNI dari Luar Negeri
Dikurangi Jadi 7 Hari

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Senin, 3 Januari 2022 | 14:05 WIB


政府は、海外から到着するインドネシア国民の検疫期間を短縮することを決定しました。 14日間の検疫期間は10日間になり、10日間の検疫期間は7日間になります。

7日間に短縮!海外からのインドネシア国民の検疫期間

海事投資調整大臣のルフット・ビンサル・パンジャイタン氏によれば、Covid-19問題の処理が改善され続けているため、検疫期間は短縮されます。

ルフット氏によると、インドネシアでのCovid-19パンデミックのオミクロン変異体の蔓延は抑制されています。

ルフット氏は、月曜日(2022年1月3日)にジャカルタの大統領府で行われたインドネシア上級内閣の限られた会合の後に記者会見を行ったときに述べた。

彼の声明の中で、ルフットは、5日または3日ではなく、14日から10日に、10日から7日に短縮する科学的または医学的理由を提供しませんでした。

検疫期間に関する質問が、ビジネスマンと観光ビジネスマンの間で、特に出てきます。

海外旅行後にインドネシアに着陸する人は、出発空港または通過空港からのPCRの検査を受けている必要があります。

それらはまたインドネシアの到着空港でPCRによって再びテストされます。 結果がすべてネガティブである場合、論理的には、旅行者は長期間隔離する必要はありません。

以前に報告されたように、検疫期間は、Covid-19パンデミック期間中の国際旅行健康プロトコルに関する回覧番号23/2021で規制されています。

ルールは後に回覧番号No23 / 2021の補遺で更新されました。

<略>



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。