Pengurangan Masa Karantina
di Tengah Serangan Corona Omicron…

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
04/01/2022, 08:09 WIB


コロナウイルスのオミクロン変異体が蔓延している中、政府は実際にインドネシアに到着したばかりの外国人旅行者の検疫期間を短縮することを計画しています。


実際、この政策はもともと、オミクロンが国に広まるのを防ぐことを目的としていました。さて、インドネシアが100件以上のオミクロンを記録した時、当初14日だった検疫方針が10日に短縮され、当初10日だったものが7日になりました。
検疫10日と7日検疫期間を短縮する計画は、月曜日(2022年1月3日)にジャカルタの大統領宮殿で行われたジョコ・ウィドド大統領と大臣らとの限られた会議で決定されました。
10日間の検疫は、オミクロンの症例が多い15か国からの新規到着者に適用されます。一方、7日間の検疫は、15か国のリストに含まれていない国から到着した人々を対象としています。
「7日と10日の調整された検疫政策に関して、政府はまた、問題が多い国を(リストに)追加するであろうと述べられた。」と経済調整大臣アイルランガ・ハルタルト氏はオンライン記者会見で言った。月曜日(2022年1月3日)。
「したがって、13か国に加えて10日間の比較的高い2つの国(検疫期間)も適用します。一方、他の国は7日間になります」と彼は言いました。
Covid-19パンデミック中の国際旅行健康プロトコルに関する2021年のCovid-19タスクフォース番号25の通達を参照すると、インドネシアに到着したばかりの外国人旅行者の検疫期間は10日間と14日間有効でした。
14日間の検疫は、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、モザンビーク、エスワティニ、マラウイ、アンゴラ、ザンビア、香港など、オミクロンの症例が多い11か国から到着したばかりのインドネシア国民に適用されていました。
政府は香港をリストから削除し、英国(英国)を含めました。
リストにノルウェー、デンマーク。 したがって、合計13か国が、政府によって強調表示されたリストに含まれています。
すなわち、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、モザンビーク、エスワティニ、マラウイ、アンゴラ、ザンビア、英国、ノルウェー、デンマーク(15か国)は14日間の検疫
これらの国への旅行歴のある外国人は、一時的にインドネシアへの入国を許可されていません。
ただし、これら13か国から到着したばかりのインドネシア国民は、14日間の検疫を条件として入国を許可されています。
アイルランガ氏の説明によると、リストに追加されるのは2か国で、合計で15か国になります。
ただし、彼は2つの追加国を指定しませんでした。 ただし、15カ国から到着したばかりのインドネシア国民の検疫期間は14日ではなく10日です。
一方、リスト外の国から到着したばかりのインドネシア国民と外国人は、10日間ではなく7日間隔離されます。
海事投資調整大臣とジャワ・バリPPKM・のコーディネータールフット氏は、検疫期間の短縮はインドネシアのコロナウイルスパンデミックの状況の改善に関連していると述べた。
2021年12月26日と2022年1月2日、インドネシアはCovid-19患者による死亡例をゼロ、別名ゼロ死亡を記録しました。
それにもかかわらず、彼は国内のオミクロンの症例が増え続けていることを認めています。
インドネシアは、アフリカからの亜種(オミクロン)にさらされた132か国中40位にランクされています。 これまでに、国内のオミクロンの症例数は152症例に達し、23パーセントが回復しました。
「したがって、この数字は他の数字と比較してかなり良いことがわかります」と月曜日(2022年1月3日)のルフット氏は語った。
準備が整ったインドネシアでのコロナウイルスのパンデミックへの対処は他の国よりも優れていたと主張しました。
彼は、多くの国がインドネシアでのパンデミックへの対処について学び始めていると述べた。
「だから、他の人に負けているような気がする必要はありません。
実際、他の多くの人々が今私たちを見始めている」と述べた。
ルフット氏によると、インドネシアのパンデミック状況の継続的な改善は、人々がマスクの着用、手洗い、距離の維持、予防接種の実施から始めて、健康プロトコルの実施に依然として規律を保っているためです。
現在オミクロンの症例数が多い英国、アメリカ、またはインドと比較すると、ルフット氏によると、インドネシアはマスクの着用に関してさらに、厳しい規律があります。
さらに、彼は続けて、政府は国のパンデミック状況を監視し、評価し続けています。
大統領と大臣たちは毎週、この問題に関して定期的に会合を開いています。
政府が決定するすべての政策には、学者からのアドバイスも含まれます。
「何かが起こった場合に、専門家をすばやく探して関与できるようにしています。」
ルフット氏は言った。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

    2 thoughts on “コロナオミクロン攻撃の中で検疫期間を短縮する…

    1. 経済を回す上でも間違った選択では無いと思います。
      検査体制からみてインドネシアで発見されているオミクロン株は氷山の一角だと思います。
      空港検疫を厳しくする時期は過ぎています。
      次の段階として市中の感染者をあぶり出し隔離する。
      これが今取れる最善の方法だと思います。
      PCRと抗原検査を徹底すべきです。
      理想は各家庭に抗原検査キットを配布して定期的に検査する陰性で無い場合はPCR検査
      但し、検査キットは日本で言えば厚労省承認製品の様に国の検査機関が精度を保証した製品である必要があります。
      CEやFDAの印だけではダメです。

      1. コメントありがとう、ございます。
        確かに、国の外からの方がより、見つけやすくなっているのかもしれませんね。
        デルタ株が流行っていた頃に、オミクロンがどこかで潜伏していれば、国内ですね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。