Heboh Varian ‘IHU’ B.1.640,
Terbaru di Daftar WHO Setelah Omicron

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
水曜日, 05 Jan 2022 06:24 WIB


最新の変異体B.1,640.2は、IHU変異体として知られるフランスで登場しました。 世界保健機関は、2021年11月以降、これを監視対象の変異体に含めています。


世界がまだオミクロンの発生に苦しんでいる間、フランスの科学者は、COVID-19の最新の亜種を特定しました。これは当時「IHU」亜種と呼ばれていました。
この新しい変種は、オミクロンよりも多くの突然変異部を持っていると言われています。
B.1,640.2の「IHU変異体名」は、科学者が特定したIHU Mediterranee Infection Institute(フランスの医療トレーニングおよび研究センター)から取得されました。
研究者によると、この変異体には46の変異が含まれているため、ワクチンに対する耐性が高まり、感染性が高まります。
<2021年9月から登場>
新しい亜種は大きな脅威となる可能性がありますが、フランス以外の国ではこれまでのところ症例は報告されていません。
フランスのマルセイユ地域で報告されたこの亜種は、12だけの症例です。
この事件の調査結果は、アフリカの国、カメルーンからの旅行にも関連しています。
「マルセイユの地理的領域でこの新しい変異体のいくつかのケースがありました。これを「IHU変異体」と名付けました。
2つの新しいゲノム情報が提供されたばかりです」と、変異体を発見したIHUのヘッド兼部門教授であるヒリップ・コルソンは述べています。
一方、世界保健機関(WHO)は、変異体、B.1,640.2を監視下の変異体(VUM)として分類しています。
WHOの記録によると、この亜種は2021年9月にコンゴ共和国で最初に特定されました。
「11月にWHOによって「監視中の変異体」として分類されたB.1,640」
COVID-19のWHOテクニカルリーダーである・マリア・ヴァン・ケルコフは、火曜日(2022年1月4日)に彼女のTwitterアカウントに書き込みました。<detikcom記者が閲覧>
疫学者のEricFeigl-Ding(※)がTwitterにスレッドを投稿しました。


(※)EricFeigl-Ding:
ワシントンDCの米国科学者連盟のシニアフェローである米国の公衆衛生科学者


彼は、新しい亜種が出現し続けると言っていますが、それはそれらがこれ以上危険になるという意味ではありません。
「常に多くの新しい亜種が発見されていますが、それはそれらがこれ以上危険になるという意味ではありません。
亜種をより有名で危険なものにしているのは、元のウイルスに関連する突然変異部の数が多いためにです。」
彼は火曜日(2022年4月1日)に彼の個人的なツイッターで言った。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。