タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Vaksin Booster Gratis untuk Peserta BPJS Kesehatan,
Simak Syarat Mendapatkannya

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 5 Januari 2022 10:58 WIB


政府は2022年1月12日にCovid-19ブースターワクチンプログラムを開始します。

BPJS健康参加者のための無料のブースターワクチン!

ブディ・グナディ・サディキン保健相は、追加ワクチンの接種者は高齢者または高齢者グループで優先されると述べた。

BPJS(インドネシアの社会保障・医療保障制度)に参加している高齢者グループは、Covid-19ブースターワクチンを優先され、無料で受け取ることができ、すぐに追加の保護を受けることができます。

この追加免疫ワクチンを与えることは、免疫系がCovid-19を引き起こすコロナウイルスと戦うのを助けると信じられています。

このように、体がウイルスに再曝露されると、抗体は、体に損傷を与える直前にウイルスを認識して殺すことができます。

政府は、Covid-19にいくつかの追加ワクチン、すなわち、シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、シノファーム、モデルナワクチンを使用します。

以前、ブディ氏は、ブースターワクチンの費用が州の予算で賄われている8310万人がいて、9200万ものワクチンが準備されていると述べました。残りの、この追加免疫ワクチンの費用は、合計1億2,520万人、または1億3,900万個のワクチンに相当するもので独立して負担されます。

この予防接種には、10パーセントのワクチン備蓄があります。

さらに、ブディ氏は、Covid-19ブースターワクチンの提供はラベリングによって区別され、価格は政府によって決定されたと説明しました。 この3回目または追加接種のワクチンの価格は、1回のワクチンで約Rp.300,000になります。

政府は2022年1月12日にCovid-19ブースターワクチンプログラムを開始します。

保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスパーソンであるシティ・ナディア・タルミジ氏は、最近コミュニティで流通している価格は、海外での予防接種を参考にしていて、国内のワクチン接種ではないことを確認しました。

またいくつかの国で適用される価格帯の例です。

「政府によって設定された公式の料金はありません」と、2022年1月4日火曜日にジャカルタでナディア氏は言いました。

彼女によると、価格決定プロセスには、金融開発監督庁(BPKP)などのさまざまな関係者が関与する必要があります。

ナディア氏は、非政府または独立したプログラムの予防接種は、個人または企業が資金を提供し、国営病院、私立病院、および私立診療所で実施できると述べた。

ナディア氏はまた、高齢者を除いて、政府のプログラムで無料のブースターワクチンを接種するグループは、BPJSの参加者、PBIグループ(※)、およびその他の脆弱なグループであると説明しました。


(※)PBIグループ:貢献支援受領者

PBI自体は、恵まれない人々や定期的な収入がない人々を対象としたBPJSのサービスの1つです。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。