タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mayoritas Pasien Omicron RI Batuk-Pilek,
Seperti Apa Bedanya dengan Flu Biasa?

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
木曜日, 06 Jan 2022 07:29 WIB


インドネシアは現在、COVID-19のオミクロン変異体の合計254例。 保健省は、患者が経験する最も一般的な症状は咳と鼻水であると報告しました。

インドネシアのオミクロン患者の大多数は咳や鼻水、一般的なインフルエンザとはどう違う?

「感染の大部分はまだ海外旅行者によるものです。

モニタリングの結果から、それらのほとんどは軽度で無症候性です。 最も一般的な症状は咳(49%)と鼻水(27%)です」と、COVID-19ワクチン接種のスポークスパーソンであるシティ・ナディア・タルミジ博士は、木曜日(2022年1月6日)の保健省の公式ウェブサイトから

<イギリスのカーディフ大学の疾病専門家>

アンドリュー・フリードマン博士は、オミクロン変異体による感染は一般的な風邪と見なされやすいと述べました。

その理由は、オミクロンの亜種によって引き起こされる症状は確かに一般的な風邪に似ているからです。

これらには、鼻づまりや鼻水、筋肉痛、くしゃみなどがあります。

「多くの人々、特にワクチン接種を受けている人々は、一般的な風邪と考えられているものに感染します。」と彼は言いました。

<違いを見分ける方法は?>

フリードマン博士は、COVID-19の一般的な風邪と軽度の症例を区別することは難しいと認めています。

しかし、感染症の専門家によると、インフルエンザは痛みという形で重篤な症状を引き起こすリスクが高い傾向があります。

「インフルエンザは、痛みやそれに伴う心痛など、より重篤な病気になる可能性があります」とフリードマン博士は言います。

デンマークのオーフス大学病院の欧州臨床微生物学および感染症学会の責任者であるエスキルジ・ピーターセン教授は、特にインフルエンザは関節痛や腰痛を引き起こす可能性があると付け加えました。

これらの症状は通常、COVID-19患者、特にオミクロン変異体では経験されません。

さらに、インフルエンザ患者は通常、味覚や嗅覚の喪失や無嗅覚症を経験しません。

インフルエンザにかかっていると、発熱と一般的な筋肉痛があります」とピーターセン教授は言います。

英国の国民保健サービスではまた、インフルエンザ患者では症状が非常に早く現れる傾向があると述べています。

これには、体温の急激な上昇(38°C以上)、疲れ、乾いた咳、喉の痛み、頭痛などがあります。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “インドネシアのオミクロン患者の大多数は咳や鼻水、一般的なインフルエンザとはどう違う?

  1. それはアメリカをみれば分かると思います。
    ニューヨークだけでも入院患者が軽く1万人を超えています。
    怖いのは毎日1300人以上の子供たちが入院している事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。