タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

WHO Sebut Varian IHU
Bukan Ancaman

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
木曜日, 6 Januari 2022 | 07:34 WIB


世界保健機関(WHO)は、IHU変異体は脅威ではなく、監視下にあると述べました。

WHO:IHU変異体を脅威ではない!

水曜日(2022年1月5日)のCBS Newsによって報告されたように、これはCovid-19のWHOマネージャーであるアブディ・マハムド氏によって伝えられました。

火曜日(1月4日)にスイスのジュネーブで行われた記者会見で、マハムド氏はIHUはすでにWHOのレーダーで発見され、この亜種は脅威ではなく、広く普及しないだろうと強調した。

「WHOは、常に複数の亜種を監視し、危険因子を評価しています。

フランスでは症例が限られているため、IHUはこれまでWHOによって「調査中の変異体」としてラベル付けされていません。」と彼は言いました。

これは、中国で見つかった元のコロナウイルスとは遺伝的に異なる46の突然変異と36の欠失を持つ変異体。

この亜種は、11月に中央アフリカのカメルーンから最近帰国した人のマルセイユ地域で最初に確認されました。

12月9日のTwitterのツイートによると、旅行者と関係のある11人が、IHUが新しい亜種であると指摘したものに感染しました。

12月初旬、フランスでオミクロン変異体の最初の症例が公式に確認されたのと同じ週でした。

オミクロンは現在、フランスでのすべての新しいコロナウイルス感染の半分を占めています。

オミクロンは急上昇し、水曜日に国内で記録的な335,000の毎日の症例を報告されました。

一方、「IHU」の亜種は、最初の12人が感染して以来誰にも検出されていません。<略>



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。