タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Breaking News! Jokowi Cabut 2.078
Izin Usaha Pertambangan

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
06 January 2022 13:18


ジョコ・ウィドド大統領は、国内使用目的の石炭供給を履行するための規則(国内市場義務)に準拠していない鉱業許可(IUP)を取り消すと脅したとき、はったりではありませんでした。

ジョコウィ大統領は本日、木曜日(2022年1月6日)に、鉱物および石炭の2,078の鉱業許可(IUP)を取り消すと発表しました。

脅かしではない! ジョコウィ大統領は2,078の鉱業許可を取り消す!

大統領は、このIUPが取り消されるのは、作業計画を提出していないためです。と言った。

「今日、2,078もの鉱業会社の免許は、彼らが作業計画を提出したことがないために取り消されました。

許可は何年もの間付与されてきたが、そのためには、実施されておらず、これは人々の富をより増やすための、天然資源の使用を、今まで人質にされていた。」とジョコウィは木曜日(2022年1月6日)に言った。

政府は、不当や自然被害を是正するために、公平、透明、公正になるように、天然資源管理を改善し続けると、ジョコウィ氏は述べた。

「森林採掘許可と州の土地利用は引き続き徹底的にチェックされます。

執行されておらず、生産的でなく、他の当事者に譲渡され、その指定や規制に従わない許可は取り消す」と述べた。

以前、月曜日(2022年1月3日)に、ジョコウィ氏は輸出許可だけでなく、

PLN(国営電力会社)発電所の石炭供給の危機的状況に続いて、国内の石炭供給義務(国内市場義務/ DMO)を履行しない石炭会社の鉱業許可(IUP)もあります。

ジョコウィ氏は、鉱業会社は、特にPT. PLN発電所について、DMO規制に準拠する必要があることを強調しました。 彼によると、これは絶対的で交渉の余地がありません。<略>



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。