タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Super Immunity Diduga Sudah Terbentuk,
86,6 Persen Populasi Indonesia Punya Antibodi

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
07/01/2022, 08:02 WIB


保健省のワクチン接種担当スポークスパーソン、シティ・ナディア・タルミジ氏は、抗体価の高いインドネシアの人口の86.6%に関する一連の調査の結果から、インドネシア社会ではすでに超免疫が形成されていると疑われたと述べた。 「はい、私はそれを手に入れたと思います。」

超免疫がすでに形成されている!(インドネシアの人口の86.6パーセント)

ナディア氏は木曜日(2022年1月6日)にKompas.comに語った。 インドネシアの人口の86.6%について、血清調査の結果に基づいて、Covid-19を引き起こすSARS-CoV-2の抗体価が得られました。

調査は、2021年11月から12月にかけて、いくつかの地域、すなわち、集塊地域と非集塊地域の両方の100の地区/都市で実施されました。

調査データから、Covid-19タスクフォースは、調査地域の人口の約73.2%が、Covid-19に対して陽性、またはワクチン接種を受けたことがないにもかかわらず、抗体を持っていることも発見しました。

ナディア氏によると、インドネシアの人々にすでに超免疫が形成されている可能性について、地域社会でのワクチンの有効性と地域社会に存在する防御のレベルを測定するために血清調査が実際に行われたという。 「しかし、これはワクチンの有効性に関するものです」と彼女は言いました。

しかし、抗体価の結果は非常に重要であり、調査回答者が所有していますが、政府は現在、コミュニティの保護力が実際には非常に優れていると信じています。

「したがって、コミュニティの保護力には高いレベルがあります」と彼女は言いました。

調査結果は、データに基づいて超免疫が形成された可能性があることを示していますが、インドネシアの人口の86.6%がSARS-CoV-19に対する抗体を持っています。

しかし、ナディア氏はまた、5Mヘルスプロトコルを実装し続けることを私たち全員に思い出させました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “超免疫がすでに形成されている!(インドネシアの人口の86.6パーセント)

  1. インドネシアの保健省は毎回数字も出さずに広報します。
    希望的な観測のこの公表には呆れたというより哀れに見えます。
    オミクロンのゲノム解析すら満足に出来ない保健省が何を寝言言ってるのかと思いました。
    オミクロン判定の試薬はどこか先進国から輸入しているのでしょうか?

    主要ワクチンにシノバック採用している保健省が何を言おうが戯言にしか聞こえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。