タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mulai Hari Ini, WNA dari 14 Negara Dilarang Masuk Indonesia

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています! Jumat, 7 Januari 2022 | 17:57 WIB


政府は、パンデミック期間中の海外旅行健康プロトコルに関する2022年Covid-19タスクフォース通達番号1にリストされている、14カ国からの外国人の入国を禁止しました。

本日より、14カ国から外国人のインドネシア入国が禁止! 禁止は本日から有効! これらの14か国からの外国人を除いて、過去14日間にこれらの国を訪れた外国人はインドネシアに入国することを禁じらます。 これは、スカルノハッタ空港のCovid-19空軍機動部隊の司令官であるアグス・リスティヨノ中佐によって述べられました。 「通達は本日発効し、南アフリカ、ボツワナ、ノルウェー、フランス、アンゴラ、ザンビア、ジンバブエ、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、エスワティニ、レソト、英国、デンマークの14か国からの外国人のインドネシアへの入国が禁止されている」と述べた。 これら14カ国からの外国人からインドネシアへの入国が禁止された理由は、オミクロン感染による最初の4カ国(南アフリカ、ボツワナ、ノルウェー、フランス)でした。 一方、他の8か国(英国とデンマーク以外)は、地域社会で感染している国の近くに地理的に位置しています。 一方、英国とデンマークでは、オミクロンの確認された症例数が10,000を超えたため、市民の立ち入りが禁止されている」と述べた。 「違反した場合は、最初にCovid-19の検査を行った後、国外追放します。また、インドネシアに持ち込んだ航空会社を使用して追放します。」と彼は続けました。 一方、特に過去14日間に、これらの14か国を訪問したインドネシア市民のためは、まだ様々な条件でインドネシアに入ることができます。 「これらの14か国からのインドネシア国民は、10日間の検疫を受けなければならないという条件で、インドネシアに入国することができます。 一方、14カ国を訪問しないインドネシア国民も、通達に従って7日間検疫を継続しなければならない」と述べた。

カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “本日より、14カ国から外国人のインドネシア入国が禁止!

  1. 正直、無意味だと思います。
    インドネシアは既にオミクロン株は入っています。
    今見つかっているオミクロン感染者は氷山の一角に過ぎません。

    インドネシアがすべき事は検査数を拡大して市中の感染者をあぶり出して隔離する事です。
    オミクロン感染者は無症状が多く自分が感染者だとは気がつかずウイルスを撒き散らす事に成ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。