タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ini Sederet Negara Desak RI Cabut
Larangan Ekspor Batu Bara

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
08 January 2022 16:25


2022年1月1日から1月31日まで石炭の輸出を禁止するというインドネシア政府の政策は、多くの輸入国から抗議を呼んだ。

日本も含まれる、インドネシアに石炭輸出の禁止を解除を促す多くの国々!

インドネシア政府に石炭輸出の禁止を解除するよう公然と要請した国は、日本と韓国の少なくとも2国あります。

インドネシアの日本大使館は、インドネシア政府に手紙を送り、インドネシアでは通常は発電に使用されない高カロリーの石炭を「サクラ国」(日本)に送ることができるように要請しました。

「突然の輸出禁止は、日本の経済活動と人々の日常生活に深刻な影響を及ぼします」という手紙の内容です。

さくら国も石炭エネルギー源をインドネシアに依存していることを考えると、日本大使館の抗議は当然のことと言えます。

追跡した結果、日本は中国、インドに次ぐインドネシアの第3位の石炭輸出先であることが判明した。

インドネシア2020年エネルギー経済統計ハンドブックのデータに基づくと、インドネシアは2020年に2,697万トンを日本に輸出した。

この量は、①中国への輸出が1億2,779万トン、②インドへの輸出が9,751万トンに次いで3番目に多い。

過去数年を見ると、インドネシアの日本への石炭輸出は年間2200万トンから3000万トンの範囲です。

ロイター通信によると、木曜日(2022年1月6日)、日本は月に約200万トンのインドネシアの石炭を輸入している。

現在、日本に行く予定だった石炭運搬船が少なくとも、5隻は港に停泊中です。

日本に向かう船だけでなく、すべての石炭運搬船が同じ運命をたどった。

100隻以上の船が港に停泊しました。

ロイター通信によると、グジャラート州(インド)のトレーダーは、「2021年12月31日以降、出荷は見られなかった」と述べた。

日本に続いて、韓国もまた、石炭の輸出を禁止するというこの政策についてインドネシア政府に抗議を表明した。

韓国政府は、ヨ貿易相を通じて、このインドネシア政府の政策に懸念を表明し、石炭輸出の禁止を解除し、石炭輸出活動を正常に戻すためにインドネシア政府に協力するよう強く要請した。

ヨ貿易相は直ちにインドネシア共和国のムハマド・ルトフィ貿易相とオンライン会議を開き、韓国政府の要請を伝えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。