Terbukti Ampuh! Vaksin Covid Ini
Paling Efektif Jadi Booster

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
08 January 2022 17:45


インドネシアを含む多くの国では、Covid-19ワクチンの3回目の接種または追加免疫注射を行います。


これは、デルタ変異体よりも速く広がると言われているオミクロン変異体を軽減するために行われます。
インドネシアでは、使用されるワクチンは、シノバック・アストラゼネカ・ファイザー・モデルナ、およびシノファームワクチンです。
ワクチンブースター注射は2022年1月12日に行われます。
現在、このワクチンブースター注射プログラムを実施するための要件を満たす244の市/地区があります。
多くの研究者が、オミクロン変異体に対する最も効果的な追加免疫ワクチンに関する試験を実施しました。
以下は、CNBCインドネシアがさまざまな情報源から要約したいくつかの予備調査結果です。
1.ファイザーとモデルナワクチン(1番)
南アフリカの保険会社であるディスカバーヘルシの調査によると、ファイザーの2回投与はオミクロンに対して70%の効果があることがわかりました。
この数値は、初期の有効性である約80%から減少しました。
ワクチンの有効性の記録は、入院だけでなく重篤な病気と戦うことでもあります。
コロンビア大学と香港大学からの研究でも、ファイザーが作る抗体は、オミクロンに対して、以前の変異体の20分の1に減少。
<中略>
オミクロンに対するファイザーからできる抗体は、最初の変異型感染でできた抗体と同じように上昇すると言われています。
モデルナはファイザーと比較して、この研究では、オミクロンに対する抗体の減少量が少ないことがわかりました。
モデルナワクチンが作る抗体は、オミクロンに対して、以前の変異体の9分の1に減少。
しかし、同じタイプの場合は、ブースターは抗体がより増加するという重要な注意事項です。
2.アストラゼネカワクチン(2番)
2021年12月14日の英国健康安全委員会、オックスフォード大学、インペリアルカレッジ・ロンドンの報告によると、アストラゼネカの2回の投与でオミクロンに対する防御力が低下したことが示されました。
研究はまた、これらの2つの用量とファイザーブースターを与えることで保護を強化できると主張しています。
3.シノバックワクチン(3番)
中国のシノバックバイオテックが製造したワクチンは、アフリカ、ラテンアメリカ、東南アジアを含む世界で最も広く使用されているワクチンの1つです。 しかし、その有効性は他のワクチンと比較して低いです。
最近の研究では、シノバックの3回の投与はオミクロンに対して効果がありませんでした。
ロイターを立ち上げ、研究者たちはブースターのためのmRNAベースのワクチンであるファイザーがオミクロンで免疫を形成するためにより効果的であると評価しています。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

    1 thought on “効果が証明される! この新型コロナワクチン(ファイザー)はブースターとして最も効果的

    1. 今回の記事は我々の見解とほぼ一致しています。
      可能ならインドネシアもブースター接種にはモデルナかファイザーを使用すべきです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。