タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

WNI Sudah Bisa Berangkat Umrah Mulai
8 Januari dengan Sistem Satu Pintu

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Minggu, 9 Januari 2022 20:09 WIB


インドネシア市民は、2022年1月8日からようやくウムラ(※)に出発できる事になりました。

インドネシア国民は1月8日からワンゲートシステムでウムラ(小巡礼)に向けて出発!

スカルノハッタ国際空港を出発した合計419人のインドネシアのウムラ巡礼者は、2年以上ウムラを出発しなかった後の最初のグループになりました。


(※)ウムラは、イスラーム教における巡礼の一形態であり、メッカにあるカアバ聖殿を訪れる巡礼のうち、ある特別な時期以外に行われるものをいう。これに対して、その特別な時期(ズー・ル=ヒッジャ月8日-10日)に特定の儀式を伴って行うものを「ハッジ」(ḥajj)という。ハッジを大巡礼、ウムラを小巡礼(al-ḥajj al-ṣaghīr, : lesser pilgrim)と呼ぶこともある。(ウィキペディア)


何百人ものウムラ巡礼者の出発は決して、自分勝手な行動ではありません。 宗教省は、Covid-19感染の可能性を最小限に抑えるための取り組みとして、いくつかの要件とワンゲートを確立しました。

「私たちは、一緒に、宗教省によって設定されたワンゲートシステムに従う必要があります。」

2022年1月8日土曜日の書面による声明の中で、宗教省ヒルマン・ラティエフ長官は、メッカ巡礼と小巡礼については述べた。

ヒルマン氏は、この方針は健康診断、PCR綿棒検査、予防接種状況の確認、移民、その他の文書の一元化された処理も管理されていると説明しました。

「要点は、この旅をする人たちを最大限に保護し、資格などが有効な文書で準備が整った状態にあることを保証することです」と彼は言いました。

彼はまた、PPIU(ウムラ崇拝旅行主催者)のポリシーを遵守するように注意を促しました

SISKOPATUH(ウムラとメッカ巡礼のコンピューター化された統合管理システム)を通じて出発を報告します。

スカルノハッタ空港を経由する直行便を使用するPPIUについては、その他の出発規定が優先されます。

ウムラ巡礼者の帰還は、全国Covid-19処理タスクフォースによって設定された方針にも従う必要があります。

このシステムを通じて、インドネシアからの巡礼者のウムラ旅行は、まだパンデミックの状況にあるにもかかわらず、安全でスムーズなものになることが期待されています。

「今年最初のウムラは、今年のメッカ巡礼の実施であり、将来のウムラの決定要因になる可能性がある。」とヒルマン氏は述べ、出発を待っている巡礼者はまだ何万人もいると述べた。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。