タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Menkes Pastikan Peningkatan
Deteksi Kasus Omicron

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Senin, 10 Januari 2022 | 18:35 WIB


保健大臣のブディ氏は、政府がCovid-19のオミクロン変異体の症例数の検出または監視の強化を引き続き行うことを強調しました。

保健大臣はオミクロンの症例検出の改善を保証!

特に、国内に到着する海外旅行者(PPLN)からの旅行者について。

海外旅行者の陽性率は、国内の感染者よりもはるかに高いと言われています。

「海外からの到着者の陽性率は13%で、国内の感染率0.2%をはるかに上回っています。したがって、海外からの到着の陽性率は、国内の送信の陽性率の65倍です。

これにより、現在発生している陽性のケースのほとんどが海外からの到着者によって引き起こされているという仮説が強化されます」と、ジョコ・ウィドド大統領が月曜日(2022年1月10日)に述べています。

保健大臣は、インドネシアで現在確認されているオミクロン変異体の症例は414症例に達したと説明した。大多数は海外旅行者からです。

旅行者のほとんどは、サウジアラビア、トルコ、米国、アラブ首長国連邦から来ました。

確認されたオミクロン患者の状態に関して、保健大臣は、2人の患者だけが中等度のカテゴリーにあるか、酸素による治​​療が必要であると説明しました。

それぞれ58歳と47歳の2人の患者には併存症がありました。

「中等度のカテゴリーで酸素治療が必要な2人を含め、合計114人または約26%が回復したので、彼らは家に帰ることができました。

したがって、結論として、このオミクロンは速い伝達を持っていますが、それは重症化せず比較的軽度です」と彼は言いました。

保健大臣によると、全国的な予防接種の成果は、予防接種を受けている人の数に基づいて、現在世界で4位にランクされています。

「初回接種のインドネシア人の数は1億6900万人で、ブラジルの1億6600万人を超えたかもしれません。<中略>

2022年1月9日まで、全国の予防接種率は2億8800万回に達し、ほぼすべての州が初回の接種の少なくとも70%の目標に達したと述べられていました。

「この70%の注入に達していない州は、西スマトラ、西スラウェシ、マルク、西パプア、パプアの5つだけです」と保健大臣は説明しました。

その際、保健大臣は、パニックにならないように落ち着いて、オミクロン変異体に対して警戒を怠らないように国民に訴えました。

「私たちは、オミクロン変異体に向けて、よく準備し、経験から、感染速度は速いものの、急速に下降することがわかっています。

重要なことは、健康プロトコルを維持し、規律を守り、監視を実施することを忘れないようにする事です。そして最も重要なことは、予防接種を受けていない同僚や家族の予防接種を加速することです」と保健大臣は述べました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “保健大臣はオミクロンの症例検出の改善を保証!

  1. 何度も同じコメントをしますが、インドネシアにオミクロンを検出する試薬やゲノム解析の数が少ないからオミクロンの割合が少ないだけだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。