タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes Akan Mengarahkan Pasien Omicron
untuk Dirawat di Rumah

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
11/01/2022, 08:30 WIB


インドネシアでオミクロンの症例が急増している最中に保健省が実施したサービス戦略に沿って行われたものです。

保健省は、オミクロン患者を自宅で治療するよう指示!

「確かに、オミクロンの伝達速度はデルタのそれよりはるかに早いでしょう。

しかし、あまり処理されていません。 そのため、保健省の戦略は、以前は病院に焦点を当てていたものからシフトされ、現在は家に焦点が当てられています。」

保健大臣のブディ氏は、月曜日(2022年1月10日)の仮想記者会見で述べた。

「多くの人が影響を受け、病院に行く必要がないからです」と彼は続けた。

ブディ氏は、保健省はインドネシアの414人のオミクロン患者について、自宅で治療できる症状から、隔離施設「ウィスマアトレット」で治療すべき症状で入院が必要な症状まで、調査を行ったと説明しました。

「また、17の遠隔医療プラットフォームと協力して、自宅で治療が必要な人々が引き続き医師との相談にアクセスできるようにし、ドラッグデリバリー(医薬品輸送)にもアクセスできるようにしました」とブディ氏は説明します。

さらに、ブディ保健相は、現在、ロジスティクス部門の新興企業の1つと国有企業「キミアファーマ」と協力して、患者が必要とするCovid-19薬を確実に入手できるようにすると説明しました。

彼は、メルク(コロナ治療薬メーカー)が製造した40万ものCovid-19抗ウイルス薬「モルヌピラビル」もインドネシアに到着したので、患者がすぐに使用できるようになっていると付け加えました。

<自宅での隔離>

オミクロンへの曝露後、オミクロンバリアントコビッド-19症例の予防と管理に関する通達番号HK.02.01 / MENKES / 1391/2021を参照。

<以下のような内容>症状のあるオミクロンが確認された症例では、発熱と呼吸器症状のない3日間を加え、発症から10日間隔離が行われます。

核酸増幅検査(※1)の結果は、24時間以上の間隔で2回連続して陰性。


(※1)核酸増幅検査:核酸増幅検査とは、輸血製剤に生体内由来の病原体が存在したか、いま存在しているかを確認するための遺伝子増幅反応を用いた検査法。ウィキペディア参照


木曜日(2022年1月6日)ウォールストリートジャーナルによると、

自己隔離をしながら、常にマスクを着用する必要があります

屋内にいる場合は、他の家族との交流を避けてください。また、家にいて、人前で出ないでください。

他の人と同じ部屋にいる場合は、誰もが高品質のマスクを着用する必要があります。

次に、窓やドアを開けて空気の循環を良くします。

同じ家の中で家族と一緒に食器を分け、共有される物の表面を常に消毒します。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。