タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Menkes Ungkap Alasan Booster Pfizer dan Moderna
Diberikan Setengah Dosis

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 11 Jan 2022 17:44 WIB


ブースターまたはCOVID-19ワクチンの追加投与は、明日、2022年1月12日に開始されます。

ファイザーとモデルナブースターが半分の用量、理由を明らかに!(保健大臣)

ブディ保健相は、シノバックを1〜2回の一次ワクチン接種に使用した人々のために、ブースターはファイザーやアストラゼネカブースターは、半分の投与量とすると説明しました。

次に、1〜2回のアストラゼネカの投与を受けた人は、半量のモデルナブースターを接種します。

国内外で行われている研究に基づいて、異種の方法または1&2の用量で、異なるタイプのCOVID-19ワクチンブースターの使用は、同種のワクチンよりも優れ、抗体が増加します。

1&2回と同じ種類で、別名の追加ワクチンを接種します。

いくつかの国内および海外の研究では、異種のブースターワクチンまたは異なるタイプの組み合わせのブースターワクチンが、同種のブースターワクチンまたは同じタイプのブースターワクチンと比較すると、同じまたはより良い抗体の増加を示すことを示した。と火曜日(2022年1月11日)の仮想記者会見で保健大臣は説明した。

さらに、彼によると、進行中の研究に基づいて、COVID-19ワクチンの半分の用量で追加接種をすると、免疫化後の有害事象(AEFI)<副反応>のリスクが低く、抗体の増加が改善されます。

「インドネシアの研究チームによって実施されたものを含む国内外の研究の結果は、半分用量ブースターワクチンが全用量ブースターと比較的同じかそれよりも優れ、抗体レベルの増加を示し、より穏やかな副反応を持っていたことを示しました。」と述べた。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。