タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Luhut Prediksi Puncak Gelombang
Omicron Indonesia Awal Februari

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 12 Jan 2022 07:22 WIB


Java-Bali PPKMコーディネーターのルフット氏は、インドネシアのオミクロン変異体の波のピークは2月上旬に発生すると述べました。

インドネシアのオミクロン波のピークを2月上旬に予測!(ルフット大臣)

彼は、オミクロンの症例が発見されてから40日後にCovid-19の症例が急増した他の国々の経験を振り返りました。

ルフット氏は、オミクロン変異体が多くの国で発生していると述べた。

ですから、最近の事件が増えていることを考えると、インドネシアでも同じことが起こることが考えられます。

インドネシアの場合は2月上旬に、オミクロン波が発生するピークと推定している」とルフット氏は火曜日(1月11日)のオンライン記者会見で述べた。

ルフット氏は大衆に慌てないように求めた。

「インドネシアがCovid-19症例のオミクロン変異体の症例の増加の波を乗り越えることができると信じています。」

元大統領首席補佐官の彼は、インドネシアは現在、以前に比べて、より準備が整っていると述べた。

医療施設は、2021年7月にCovid-19のデルタ型の症例が急増した時よりもはるかに優れています。

「私たち全員が団結することを願っています。これは避けられないことなので、お互いを責める事はありません。

これを軽減化して、制御下に置き、影響を最小限に抑えることができます」と述べています。

この時期に、保健大臣のブディ氏は、Covid-19患者を治療するために政府によって準備される80,000床があると言いました。

必要に応じて、その数を19万床に増やすことができます。

政府はまた、Covid-19患者のために「モルヌピラビル」という薬を準備しました。 その後、1万6千台の人工呼吸器も用意されました。

「また、インドネシアに到着した新しいウイルス薬であるモルヌピラビル薬を40万個用意しました。」

ブディ氏はまた、市民に慌てないように頼んだ。 彼は、オミクロンの症例が急増することに同意します。

しかし、ブディ氏はこの異変がすぐに下がると確信しています。 ブディはまた、症状が軽度のため、より多くのオミクロン患者が自宅で隔離されるだろうとも述べた。

「私たちはオミクロンからのこの波に直面します、慌てる必要はありません、私たちは十分に準備ができています。

そして、経験によれば、上昇は速いものの、このオミクロン波も急速に下降していきます。」

ブディ氏は、月曜日(1月10日)に大統領事務局のYouTubeチャンネルを通じて放送された記者会見で語った。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “インドネシアのオミクロン波のピークを2月上旬に予測!(ルフット大臣)

  1. インドネシアは感染症のトップに感染症専門家、あるいは科学者が必要だと思います。
    残念ながらこの方には能力がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。