タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ketemu Menteri Ekonomi Jepang,
Luhut Tawarkan Investasi Pembangkit Listrik

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
水曜日, 12 Januari 2022 07:01 WIB


ルフット・海事投資調整大臣は、北カリマンタンの緑豊かな工業地帯に水力発電所を建設するための投資機会を日本に用意しました。

日本の経済産業大臣が来イ、ルフットは発電所への投資を提案!

この申し出は、日本の経済産業大臣、萩生田光一氏との会談でなされた。

「昨年12月、ジョコウィ大統領は30ヘクタールの緑豊かな工業団地の起工式を開始しました」とルフット氏は2022年1月11日火曜日に書面で述べました。

ルフット氏によると、グリーン工業地域は最大11,000メガワットの電力を生成できる可能性があります。

インドネシアと日本は、エネルギー部門への投資とは別に、水産業、環境、石油化学産業における協力を拡大することに合意しましています。

彼は、インドネシア、特に川下産業の発展は、持続可能の概念を提唱する投資の方向性に合うだろうと説明した。

一方、産業界は、付加価値を高めるために「生」(一次産品)の商品への依存を減らすことが奨励されています。

彼はニッケル加工産業の例を挙げました。 現在、リチウム電池製造の構成要素であるステンレス鋼の製造のために、下流のニッケル産業が発展している。

リチウム電池は、電気自動車のエネルギーになる主要なコンポーネントです。

ルフット氏によると、インドネシアにはニッケル鉱が大量にあり、上流の総生産能力は年間1200万トンです。

「川下産業はインドネシア経済の構造を変え、それによって生の商品への依存を減らします。」とルフットは述べた。

ルフット氏は、両国が協力のポイントを集中的に議論できるように、定期的に技術的議論スキームを作成することを提案した。

一方、萩生田大臣は、インドネシアと協力したいという自国の希望を表明した。

彼は太陽光発電用のバッテリーを開発する問題について話し、両国が将来、より緊密に協力できることを望んだ。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。