Mengenal Zivifax, Satu dari Lima Vaksin Booster
yang Diizinkan BPOM

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
木曜日, 13 Januari 2022 07:56 WIB


食品医薬品監督庁(BPOM)は、2022年1月10日月曜日に、インドネシアで5種類の追加免疫ワクチンの緊急使用許可(EUA)許可を正式に発行しました。

5種類の追加免疫ワクチンの1つは、中国科学院(Anhui Zhifei Longcom Biopharmaceutical)によって開発および製造されたZivifaxです。

BPOMの責任者であるペニー氏は記者会見で、ブースターにはさまざまな形態、すなわち同種と異種があると説明しました。


Zivifax:英語表記(ウィキペディア)https://en.wikipedia.org/wiki/ZF2001#cite_note-:9-10


同種の別物では、同じプラットフォームとブランドを使用したワクチン用量1回目〜3回目の投与。

一方、異種ワクチンの3回目の投与は、1回目(2回目も含む)と3回目のワクチン投与とは異なります。この場合、異種ワクチンにはZivifaxワクチンが使用されます。

pom.go.idからの報告によると、Zifivaxの商標が付いたワクチンは、組換えプラットフォームまたはタンパク質サブユニットを備えたワクチンです。

つまり、このタイプのワクチンプラットフォームは、ウイルスの最小部分(スパイク糖タンパク質)から採取され、注射されるとヒトの免疫系を誘発する可能性があります。


参考資料:ワクチンの種類(コビナビから)


これは、殺されたウイルスから採取されるシノバックワクチンとは異なります。

Zifivaxワクチンは、18歳以上の人々のSARS-CoV-2ウイルスの予防に使用されます。

これは、Covid-19ブースターワクチンを18歳以上の成人に投与し、2回目の投与後6か月以内に注射するという世界保健機関(WHO)の推奨に沿ったものです。

臨床試験では、Zifivax Covid-19ブースターワクチンは、パジャジャラン大学の研究者であるロッドマンタリガン氏によって実施された一連の第III相臨床試験を通過しました。

バンドンとジャカルタからの4,000人のボランティアを対象に実施された臨床試験の結果から、有効率は81.51パーセントでした。

「18〜59歳の人々の有効率の結果は81.51パーセントですが、60年以上の有効性は87.58パーセントです。」

unpad.ac.idを引用してロッドマン氏は言った。

Zifivaxワクチンの有効率は、実際にはWHOの推奨値である50%を超えています。

このワクチンは、より重いCovid-19変異体に対して有効であると主張されており、そのうちの1つはデルタ変異体です。

デルタ変異体に対するZifivaxワクチンの有効性は77.47パーセントでした。

インドネシアは別として、ロッドマン氏は、Zifivaxワクチンの第III相臨床試験が、ウズベキスタン、エクアドル、パキスタン、中国などの多くの国でも実施されていることを明らかにしました。

治験に参加している各国の有効率は同じ値で、約81%です。また、インドネシアウラマー評議会からのハラール認証プロセスにも合格しています。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。