タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

BPOM Eropa Juga Bicara Omicron
dan Transisi Pandemi-Endemi

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Kamis, 13 Januari 2022 09:44 WIB


世界でのオミクロン変異体の新しい症例の爆発に合わせて、欧州医薬品規制当局(EMA)は、この病気の発生状況がパンデミックから風土病に移行していると述べました。

ヨーロッパの国家医薬品食品監督庁もオミクロンのパンデミックと風土病について

それがいつかは、正確にわかるわけではありませんが、確実にそこに到達します。 これは、インドネシア大学パンドゥリオノ氏、疫学者によってかつて明らかにされたものです。

「重要なこと、そして私たちが今観察していることは、私たちがより風土病になりつつあるウイルスに向かって進んでいるということです。」

2022年1月11日火曜日に、EMAの生物学的健康脅威およびワクチン戦略の責任者であるマルコ・カヴァレリ氏は述べました。

カヴァレリ氏は、風土病とは、何を意味するかを定義しませんでした。

ただし、この用語は一般的に、病気の感染の安定した予測可能な期間を説明するために使用されます。

一方、新型コロナの新種は、ヨーロッパ全体で増え続けています。

たとえば、ドイツとブルガリアはどちらも、先週の火曜日のカヴァレリ氏の発表時に、1日あたりの症例数が最も多いと報告されています。

そのため、カヴァレリ氏は、彼らが現在まだパンデミックの段階にあることを忘れないように、彼らに思い出させます。「それでも…オミクロンでは、ワクチン接種を超えて自然免疫が非常に多くなるので、私たちは「流行」と言うに近いシナリオに向かって急速に進んでいきます。」

これとは別に、WHOのヨーロッパ地域ディレクターのハンスクルーゲ氏は、ヨーロッパの人口のほとんどが今後6〜8週間でオミクロンに感染すると述べました。

これは、症例数を増やすという現在の傾向は、妨げられません。

ヨーロッパ大陸では、2022年の第1週に700万もの新しいCovid-19の症例が記録されています。

その数は、過去2週間の2倍以上になりました。 「1月10日の時点で、26か国が週に1%以上の人口がCovid-19の陽性であると報告しています」とクルーゲ氏は述べています。

この率に基づいて、クルーゲ氏は、保健指標評価研究所は、ヨーロッパの人口の50%以上が今後2か月以内にオミクロンに感染すると予測していると付け加えました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。