タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Riset Vaksin Baru Asal Cina, RS Bethesda
Yogyakarta Buka Lowongan 500 Relawan

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Jumat, 14 Januari 2022 06:57 WIB


ジョグジャカルタ、ベセスダ病院は、新しいCovid-19ワクチン、すなわち融合タンパク質ワクチン(V-01)の臨床試験を受けることをいとわない500人のボランティアを募集。

中国の新ワクチン研究、ジョグジャ・ベセスダ病院が500人のボランティアを公募!

ベセスダ病院は、中国からの新しいワクチンに関連する研究を行うために中央政府によって任命されたさまざまなインドネシアの高等教育機関の1つです。

「この研究を行っているインドネシアの大学は少なくとも7つある」と、2022年1月13日木曜日、イスワント氏のベセスダ病院の研究チームの責任者は述べた。

ベセスダ病院を含む7つの大学は、パダンにあるアンダラス大学、インドネシア大学、UIN Syarif Hidayatullah(シャリフ・ヒダラトゥア)、バンドンにあるUIN、バリにあるUdayana(ウダヤナ)大学、サマリンダにあるLambung Mangkurat(ランブン・マンクラット)大学です。 「この新しいタイプのワクチン接種の研究は2022年1月28日に始まります」と彼は言いました。

イスワント氏によると、この新しいワクチンの研究手順は、実際にはシノバックなどの以前のタイプのワクチンと同じです。

この研究の目的は、パンデミックを克服するためにワクチンの種類を増やし、特定のブランドに依存しないようにすることです。

ボランティアのメリットについて、イスワント氏は、臨床検査として、交通費、必要な医療費の払い戻しなどのインセンティブを取得し、健康診断や医師の診察などの研究プロセス中の費用からも解放されると述べた。

「ボランティアは、抗体を測定するために、1回目と2回目のワクチン接種のために少なくとも6回、ベセスダ病院に来なければならず、2回目のワクチン接種から1か月、3か月、6か月、12か月後に来なければなりません」と彼は言いました。

イスワント氏は、この新しいワクチンは、この研究がすでにBPOMから臨床試験を実施するための承認を得ており、倫理的な承認を得ているため、安全である(問題ない)と確信していると述べました。

ボランティアになるために考慮される必要がある条件には、Covid-19ワクチンを注射されたことがない、Covid-19にさらされたことがない、18歳以上である、妊娠していない条件で、さまざまな一連の健康診断にも、最終的に参加する意思があるなどがあります。

「条件は非常に厳しいですが、すべての料金は無料で、ボランティアはインセンティブを受け取ります」と彼は言いました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

 

2 thoughts on “中国の新ワクチン研究、ジョグジャ・ベセスダ病院が500人のボランティアを公募!

  1. 不活化ワクチンは素材に死滅したウイルスを用います。
    普通に考えれば武漢型ウイルス使用ワクチンがデルタ株やオミクロン株に効果は得られない思います。

    不活化ワクチンはその性質上変異が頻繁に起こる感染症には不向きです。
    世界各国とも不活化ワクチンの製造は慣れています。
    ですが新型コロナに不活化ワクチンを用いなかったのは変異には不向きなワクチンだったからです。

    今回はオミクロンウイルスを使用したワクチンに成るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。