タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Satgas Soal Karantina 7 Hari :
Varian Omicron Gejalanya Dini

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Sabtu, 15 Jan 2022 06:51 WIB


政府は再び海外旅行者の検疫時間の長さを7×24時間に短縮しました。

初期のさまざまなオミクロン症状(7日間の検疫にタスクフォース)

オミクロン変異体の症状は他の変異体よりも早く現れるため、検疫期間はCovid-19検出期間に十分であると見なされます。

Covid-19処理タスクフォースのスポークスマンであるウィク・アディサスミト氏は、米国疾病予防管理センター(CDC)およびその他の海外のいくつかの研究からの最新の研究に基づいて実施したことを認めました。

「最近のいくつかの研究によると、オミクロン亜種は平均的な症状の出現が早いと考えられているため、7日間の検疫で、陽性の症例を検出するのに十分効果的です。」

ウィク氏は金曜日(1月14日)に書面で述べた。

Covid-19のオミクロン変異体の潜伏期間は最初に曝露されてから3日であると説明しました。

日本の疫学者による2022年初頭の報告でも、Covid-19のウイルス感染者の数は、症状の発症後3日から6日で最高点に達することが示されました。

したがって、研究によると、7日間の検疫はCovid-19のオミクロン変異体の症状を検出するのに十分です。

「検疫の原則は、誰かが感染してから症状が現れるまでの時間があるため、症状を検出する時間です。

したがって、感染した人々のコミュニティへの逃亡を回避することができます」とウィク氏は述べています。

彼はまた、国への入り口を守るために厳格な努力をしていることを強調した。

Covid-19タスクフォースのウィク氏は、初期のオミクロンを検出するためにSGTF-PCR(ブドウ球菌利用PCR)テストを使用してCovid-19をテストするための綿密な監視と取り組みを実施します。

「海外旅行に関連するWHOの多層戦略の推奨事項に沿った、SGTFとWGS(ゲノム解析)によるオミクロン変異体の分布の厳密な監視だけでなく、出入国テストによる検出の取り組みも実施されています」とウィク氏は述べています。

以前は、インドネシアへの入国が禁止されていた14か国からのCovid-19のオミクロン変異体の感染を防ぐために、海外旅行者の検疫規則が「10 x24」時間実施されていました。

政府がこれらの14か国からの外国人の入国禁止を解除したため、検疫規則は削除されました。

現在、インドネシア国民およびインドネシアに入国する外国人の検疫時間は「7×24」時間です。

<中略>

一方、インドネシア国民または外国人は、自己負担で所定の場所で検疫期間を経る必要があります。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。