BPOM Beri Izin Molnupiravir:
Turunkan Risiko Kematian 30 Persen

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Sabtu, 15 Jan 2022 07:01 WIB


BPOM(食品医薬品監督庁) の責任者ペニー氏は、第III相臨床試験の結果に基づいて、モルヌピラビルにはCovid-19患者の治療に役立つ利点があると述べました。

フェーズIIIの臨床試験結果は、モルヌピラビルが入院のリスクまたは入院および/または死亡のリスクを軽度から中等度のCOVID-19患者で30%、軽度のCOVID-19患者で24.9%減らすことができることを示しています。

モルヌピラビルとは別に、ペニーはまた、このパンデミックを通して、BPOMはEUA(緊急使用許可証)に多くの薬を与えたと言いました。

  これらには、抗ウイルス薬ファビピラビル、抗ウイルスレムデシビル、およびモノクローナル抗体レグダンビマブが含まれます。

「薬物評価のための全国委員会の専門家チームおよびEUA承認のための臨床医協会と一緒に臨床試験データの評価を経た後、BPOMは保健省とともに、インドネシアでのモルヌピラビルの使用の安全性も引き続き監視する」と述べた。

保健省は以前、政府は現在、軽度のCOVID-19患者の治療のために少なくとも40万個のモルヌピラビル錠剤を準備していると述べました。

後でこの薬はマルチビタミンCとDと一緒に与えられます。

コミュニティのための無料のブースターワクチン接種、ワクチンのスケジュールと種類を確認してください

現在、保健省はまた、17の遠隔医療スタートアップ、ロジスティクスおよびキミアファーマのスタートアップと協力して、Covid-19患者向けの医薬品の配布を、自宅で自己隔離しているCovid-19患者に適切に誘導できるようにしています。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。