タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mayoritas Pasien Omicron RI Batuk-Pilek,
Ini Bedanya Gejala Omicron Vs Flu Biasa

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Sabtu, 15 Jan 2022 14:30 WIB


インドネシアは水曜日(2022年1月12日)の時点でCOVID-19のオミクロン変異体の合計572例を記録しました。

インドネシアのオミクロン患者の大多数は、咳と鼻漏!オミクロンと一般的な風邪の症状の違い!

保健省は、33人の海外旅行者と33人の地元の感染患者からなるオミクロンの66の新しい症例があったと報告しました。

保健省のCOVID-19ワクチン接種のスポークスマンである、シティ・ナディア博士は、局所感染と海外旅行からのオミクロン患者の症状に違いはないと述べた。

彼女によると、ほとんどの患者は全く症状がなく、軽度の症状があります。 最も一般的な症状は、咳、鼻水、発熱です。

「ほぼ半数または約276人が隔離を終えましたが、残りの296人はまだ隔離されています。

現場でのモニタリングの結果から、症状の大部分は軽度で無症候性です。 したがって、深刻な治療は必要ありません。

ナディア氏は土曜日(2022年1月15日)に保健省の公式ウェブサイトから引用し述べた。

<風邪とオミクロンの症状を区別できますか?>

デンマークのオーフス大学病院の欧州臨床微生物学および感染症学会の責任者であるエスキルジ・ピーターセン教授は、一般的な風邪の症状とオミクロン変異体の感染を一般の人々が区別するのは非常に難しいことを認めています。

たとえば、鼻づまりや鼻水、筋肉痛、くしゃみなどの形で。

しかし、彼によると、2つの病気の間の症状にはまだ著しい違いがあります。

確かに、一般的な風邪はより頻繁に筋肉痛と腰痛を引き起こします。 これらの症状は通常、COVID-19のオミクロン変異体の患者には見られません。

「インフルエンザにかかっていると、発熱と一般的な筋肉痛があります」と、土曜日(2022年1月15日)のThe National Newsから引用されたピーターセン教授は述べています。

さらに、一般的な風邪の患者は、一般に、嗅覚と味覚の能力の喪失、別名無嗅覚症を経験しません。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

1 thought on “インドネシアのオミクロン患者の大多数は、咳と鼻漏!オミクロンと一般的な風邪の症状の違い!

  1. オミクロンを軽症だけと位置付けるのはまだ早いと思います。
    東京都は国基準のコロナ重症入院数1月1日47名でしたが1月15日は247名に成っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。