皆様とどうぞ共有ください!

Indonesia Kembali Terima Dukungan
Vaksin dari Jepang

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
日曜日, 16 Januari 2022 | 14:52 WIB


日本政府は再び、協力支援で、インドネシアへ、アストラゼネカ・ワクチンの供給しました。

外務省サント・ダルモスマルト東アジア局長によると、今回のワクチンの出荷は4つのグループに分けられた。 最初と2番目のバッチは土曜日(2022年1月15日)に到着しました。

午後と夕方にそれぞれ448,000回のアストラゼネカワクチンが194番目と195番目として到着です。

次の段階は2022年1月18日と19日に到着し、合計2,722,930回供給されます。

また2021年には、日本はインドネシアに約415万回分のワクチンを提供していました。

「これにより、日本からのCovid-19ワクチンの総用量共有協力支援は6,875,080回になります」と、通信情報省で、日曜日(2022年1月16日)サント氏は述べています。

同氏は、この協力支援が、特にインドネシアの経済回復の加速に貢献する上で、両国間の戦略的パートナーシップの具体的な形であると述べた。

サント氏はまた、日本は貿易、投資、インフラ、経済開発の分野でインドネシアにとって重要なパートナーであると述べた。

「この協力を支援してくれた日本政府と日本の人々に感謝します」と彼は言った。

サント氏は、ワクチン外交がインドネシア国民のワクチン需要を確保するために働いていることを強調した。

インドネシアは、すべての国でワクチンへの平等なアクセスを提唱し続けることに加えて、

世界が、将来の健康問題に直面する準備が整うように、

世界的な協力を強化する取り組みを支援する最前線にいます。

政府が地域社会の保護を強化するために追加免疫ワクチンの投与を開始する場合に、ワクチンの入手は非常に重要です。

ブースターワクチンの提供に合わせて、政府はまた、特にワクチン接種率がまだ低い地域での予防接種プログラムを増やし続けていきます。

同時に、国民は健康プロトコルを維持することが期待されています。




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む