皆様とどうぞ共有ください!

Prediksi Terbaru Pemerintah:
Puncak Omicron Pertengahan
Februari-Awal Maret

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
日曜日, 16 Jan 2022 17:37 WIB


海事投資調整大臣のルフット氏は、COVID-19のオミクロン変異体の症例の波のピークは2022年2月中旬から3月に発生すると予想されることを明らかにしました。

推定値は、南アフリカでのCOVID-19症例の軌跡の結果から得られました。

「南アフリカでのCovid-19症例の軌跡から考えると、私たちが観察したさまざまなデータに基づいて、オミクロン波のピークは2月中旬から3月上旬に発生すると推定されています。」

ルフット氏は日曜日(2022年1月16日)の記者会見で言った。

インドネシアでのオミクロンの症例数の増加が他の国よりも穏やかになり、医療制度に負担がかからないように、政府はさまざまな緩和策を講じると述べた。

「政府は、発生するトラブルの増加が他の国に比べてより穏やかになるように、さまざまな緩和措置を講じます。

だから私たちの健康システムに負担をかけない」と語った。

ルフット氏は続けて、政府としても、さまざまな措置を講じる予定です。

それらの1つは、健康プロトコルの施行と予防接種の加速です。

「健康プロトコルの施行を含むさまざまな措置が講じられており、ワクチン接種の加速は非常に重要です」と彼は言いました。

一方、人の流動性を引き締める事が、政府の最後の選択肢になるだろうと述べた。

しかし、彼は国民に、この流動を自ら引き締めるよう訴えた。

ただし、オフィスに100%の人が居る必要がない場合は、100%の出勤する必要はありません。 それでは、今後2週間で75%に設定されるかどうかを見てみましょう。各オフィスで、75%で可能だと思います。」ルフット氏は言った。




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む