Evaluasi Laju Omicron,
Kemenag Setop Kirim Jemaah Umrah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
月曜日, 17 Jan 2022 07:38 WIB


宗教省は、One Gate Policy(OGP)<※>スキームを見直して、インドネシアとサウジアラビアでのOmicron変異体の動向を監視する目的で、ウムラ巡礼者のフライトを一時的に停止しました。 停止は2021年1月15日にすでに開始されています。

「ウムラ巡礼者は2022年1月15日まで出発し、見直しのために一時的に停止しようとしています」と、宗教省のヒルマン・ラティエフ長官は昨日(1月16日)の声明で述べた。

関連記事:インドネシア国民は1月8日からワンゲートシステムでウムラ(小巡礼)に向けて出発!

政府は、2022年1月8日に開始されてから8日間だけ、ウムラ巡礼を行ったことに注意してください。

約1,731人の巡礼者が、ジャカルタのポンドック・ゲデメッカ巡礼寮を出発しました。

<※>OGPの指針は、すべてのウムラ巡礼者がジャカルタのポンドックゲデメッカ巡礼寮を経由して、サウジアラビアを出入りすることを義務付けるように設定されています。

彼らは健康診断と文書を完全させなければなりません。

彼は、1月8日に出発したウムラ巡礼者は2022年1月17日にインドネシアに戻ると説明した。

巡礼者がインドネシアに戻ると、宗教省は巡礼者がオミクロンによって検出されるかどうかの検閲および確認します。

ヒルマン氏は、ウムラを実行することは海外旅行とほとんど同じであると言いました。

宗教省は、組織の準備を容易にする役割のみを果たしています。一方、ウムラ崇拝ツアーの主催者はより多くの役割を果たします。

「ハッジとウムラ総局はこれ以上の取り決めに参加することはできません。つまり、ビザはベンダーを通じてサウジアラビアに提出され、要件を満たしていれば出国することができます。

これはメッカ巡礼の組織とは大きく異なり、宗教省が巡礼者によって実行されるすべての手順またはプロセスを管理する」と彼は言った。

以前、サウジアラビア政府は、2021年12月1日以降、インドネシアからのフライトの禁止を解除や、ウムラのフライトを一時停止していました。

その後、インドネシア政府は2022年1月8日にウムラ巡礼者を派遣しました。

これは、コロナウイルスの蔓延により2021年2月に閉鎖された後、インドネシアからの最初のウムラ便です。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す