Soal Varian Omicron di Jatim,
Gubernur Khofifah: Kalau Ada Kasus,
Jangan Ditutup-tutupi

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
17/01/2022, 09:28 WIB


東ジャワ州知事コフィファ・インダル・パラワンサ氏は、Covid-19のオミクロン変異体の陽性が確認された症例を発見した場合、すべての県と都市に情報公開を要請しました。

コフィファ氏は、各地区および市政府に、オミクロン変異体の陽性症例を発見した場合、直ちに対処するための措置を講じるよう要請しました。

「大変な事ではないので、心配しないでください。

しかし、感染発覚があったとしても、それを隠さないでください」と語った。

コフィファ氏によると、東ジャワ州政府は、2021年11月以来、オミクロン株の潜在的な拡散に関連する予測しています。

東ジャワでは、オミクロン変異体の少なくとも8つの陽性症例が発見されています。

コフィファ氏は、地方自治体と一般市民が警戒し、厳格な健康プロトコルを実施することを望んでいます。

「私たちは実際に昨年11月からオミクロン亜種の感染場所を予想していました。

しかし、これは深刻なことではありません。しかし注意は必要です」と述べた。

コフィファ氏は、現在の状況は、2021年7月の新型コロナ症例(デルタ)の急増とは異なることを思い出させた。

当時、東ジャワの人々は集団免疫を作るためのCovid-19ワクチン接種を受けていませんでした。

 「違いは、2021年6月と7月に予防接種がなかったことです。現在、予防接種が実施されており、マラン県の一般的な予防接種は84.44パーセントに達しています」と彼女は言いました。

元社会問題大臣の彼女は、ワクチン接種を加速することが重要であると強調しました。マラン県では、高齢者へのワクチン接種の加速も、ドアツードアの、ボールを1つ1つ拾い上げるというやり方で実施されています。

一方、東ジャワでの6〜11歳の子供に対するワクチン接種の加速は引き続き実施されています。

  • 思い出してください!

オミクロン変異体にさらされた6歳未満の3人の子供がいました。

一方、東ジャワでは、オミクロン変異体の8つの陽性例があります。

調査結果は、熱帯病研究所(ITS)のアイルランガ大学による全ゲノムシーケンス(WQS)検査によって検出されました。

マラン県では、陽性症例が14,582件ありました。 そのうち、20の陽性症例があり、13,599人の患者が回復し、963人が死亡した。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す