Menkes: Jakarta Jadi Medan Perang
Melawan Omicron

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
月曜日, 17 Januari 2022 | 02:04 WIB


ジャカルタは、オミクロン変異体に対する最初の戦場になりました。 これは、日曜日(2022年1月16日)のコミュニティ活動制限措置(PPKM)の実施の評価に関するオンライン・記者会見で、保健大臣のブディ氏によって述べられました。

「私たちはオミクロンとの最初の戦場がジャカルタであるとして、特別に準備しなければなりません、そして私たちは勝つことができることを確認しなければなりません」とブディ氏は言いました。

保健大臣によると、オミクロンの国内局所感染症例の90%は、特別州ジャカルタ地域にあります。

以前、ブディ氏は、オミクロン症例のピークが、35-65日以内で、迅速かつ高い状態に達すると述べました。

「オミクロンの場合のピークをどこで見るかは私たち次第です。

インドネシアでは、12月末に最初に特定されましたが、1月上旬に症例が増加し始めました。

オミクロン変異体の感染ピークは速くて高いですが、患者の入院率はデルタ変異体の治療率と比較して30〜40パーセントです。

この数字は、オミクロンの攻撃を受けた多くの国から得られたものです。

「したがって、感染者の増加スピードが速く、感染率が速いにもかかわらず、入院はデルタよりも低いです。

したがって、症例数が急速かつ大幅に増加している場合は、慌てる必要はありません。警戒を怠らないでください。

病院に入る人を注意深く監視しているからです。」とブディ氏は付け加えました。



 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す