Capai 7.571 Kasus, Delta Dominasi
Kasus Varian yang Diwaspadai di RI

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 19 Jan 2022 18:00 WIB


懸念のバリアント(VoC)として分類される新型コロナウイルスの突然変異症例の分布は、世界保健機関(WHO)が警戒している変異体とも呼ばれ、現在インドネシアでは8,514ケースに達し、デルタ変異体が優勢です。

WHOは、このカテゴリーに分類される5つの亜種、すなわちB117アルファ、B1351ベータ、B1617.2デルタ、B.1.1.529オミクロン、およびP1ガンマを決定したばかりであり、インドネシアではこれまでP1のみが特定されていません。

インドネシアではデルタ型が7,571例で最も一般的であり、次にオミクロン型が840例、アルファ型が81例、ベータ型が22例でした。

調査結果は、保健省の研究開発庁によってアップロードされたばかりの1月16日現在のデータレポートに基づいて知られています。

今日、水曜日(1月19日)https://www.litbang.kemkes.go.id/

インドネシアでは、全ゲノムシーケンス(WGS)の検査方法に基づいて、合計12,219の検体について、何千もの変異所見が特定されました。

検査回数は、1月10日の12,219検体と比較して、374検体しか増加しなかった。

オーストラリアのグリフィス大学の疫学者であるディッキー・ブディマン氏は、オミクロン型の症例が急増する中、デルタ型は依然としてインドネシアにとって大きな脅威であると警告しました。

彼によると、デルタ変異体は、オミクロンよりもCovid-19患者の症状を悪化させる可能性があります。

しかし、彼は、インドネシアの人々はすでにワクチンや自然発生するワクチンからの免疫による準備をしているので、状態の悪化は2021年7月の第2波のようではないと評価しました。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!

カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。