皆様とどうぞ共有ください!

Awas! Ini Daftar ‘Zona Merah Omicron’
di DKI Jakarta

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 20 Jan 2022 07:07 WIB


DKIジャカルタは、オミクロンの症例が最も多い州!

DKIジャカルタ保健局は、首都でのオミクロンの症例の総数は988人に達し、そのうち663人が海外旅行者で、325人が国内の感染者であったと述べた。

水曜日(1月19日)にdetikcomが受け取ったインドネシア保健省からの報告を参照すると、DKIジャカルタのオミクロン患者はいくつかの地域に広がった。

日曜日(1月15日)に収集されたデータに基づいて、保健省によって赤に分類される5つの地域があります。

  1. Kali Deres
  2. Kebon Jeruk
  3. Kebayoran Baru
  4. Kecamatan Cilandak
  5. Senen

赤いカテゴリーのエリアでは、8人以上のオミクロン患者が記録されました。 黄色の領域は1〜7人のオミクロン患者を報告しています。

Menteng、Pulo Gadung、Pancoran、Kramat JatiからCiracasなど、まだ緑の地区や都市がいくつかあります。

緑のステータスの領域は、オミクロンの症例が報告されていないことを示します。




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む