Kasus Kekerasan Seksual di Surabaya Tinggi,
Polisi Luncurkan Program Perlindungan Korban

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
20/01/2022, 07:36 WIB


東ジャワ州スラバヤ市では、児童虐待、身体的暴力、人身売買、レイプの事件が多数発生しているため、スラバヤ警察の犯罪捜査ユニットは犠牲者に対処するために迅速に行動しなければなりません。

2019年から2021年の間にスラバヤ警察にて、女性と子供用の部署(PPA)によって処理されたケースの記録に基づくと、その数はかなり多いです。

非常に多くのケースで、スラバヤ警察のPPA犯罪捜査ユニットは、新しいプログラム、すなわち「Pangkas Presisi」(トリミングプログラム)を形成しました。

このプログラムは、スラバヤ市での性的暴力の犠牲者を保護するという文脈で、性的暴力に対しての犯罪行為の取り扱いを変革します。

スラバヤ警察の犯罪捜査ユニットの責任者であるミルザル・マウラナ氏は、警察は被害者を心理的に回復できるように保護することに重点を置いていると説明した。

「私たちは犠牲者の保護に、より関心を持っています。

したがって、このトリミングプログラムにより、被害者を保護するために関連機関と協力します」とミルザル氏は水曜日(2022年1月19日)に確認しました。


  • <2019年>

身体的家庭内暴力の件数が最も多く、57件であり、続いて43件の児童性交があった。

子供の身体的虐待の29例、

児童性的虐待22件、

成人の身体的暴力10件、

人身売買10件、

心理的な家庭内暴力の9つのケース、

レイプ3件、

1つのケースのポルノの。

  • <2020年>

身体的家庭内暴力79例、

児童性交53例、

児童虐待27件、

子どもの身体的虐待の16例、

成人の身体的暴力12件、

7件のレイプ、

人身売買6件、

サイキックドメスティックバイオレンス4件、

2つケースのポルノ。

  • <2021年>

身体的家庭内暴力の87例、

児童性的虐待30件、

児童性的虐待24件、

児童身体的虐待20件、

成人の身体的暴力20件、

4つのケースのポルノ、

心理的な家庭内暴力の3つのケース、

人身売買3件、

レイプ2件。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す